« 『スペースの有無や種類の変化が脳内メーカーによる脳内表現に与える影響の探索的研究』 | Accueil | ピリピリな私 »

29 juin 2007

性格心理学I-07-11

本務校はもう試験期間ですが,
こちらはまだまだ。

性格の発達(後半)。
 ・ 外的要因→あれこれありすぎる→「解釈」はできるがその解釈はone of themである。
 ・ 自己形成の要因→「こんな性格になりたい」=「こんな自分に見られたい」→演技・印象管理。
 ・ 一回性の要因→経験をなかったことに,はできない。生き方・態度・性格を変えてしまう経験もある。

タイムリーにも 演技 というテーマが出てきたところで(授業内容に関連のある)
演技のあれこれ質問紙調査に,ご協力願う。

|

« 『スペースの有無や種類の変化が脳内メーカーによる脳内表現に与える影響の探索的研究』 | Accueil | ピリピリな私 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15593927

Voici les sites qui parlent de 性格心理学I-07-11:

« 『スペースの有無や種類の変化が脳内メーカーによる脳内表現に与える影響の探索的研究』 | Accueil | ピリピリな私 »