« 姪に初対面 | Accueil | したいのにできなかったり,したくないのにしてしまったり »

11 juin 2007

弐千円札

そういえば昨日,買い物のおつりを弐千円札でもらった。
流通している弐千円札を見るのは何年ぶりで,何回目だろう。

こうして驚きとともに報告してしまうほどふだんお目にかからないわけだが,
そんなに疎んじられる理由もないような。

千円札4枚でもらうよりは,弐千円札2枚の方がスマートだとおもうんだが。

正確に言うとおつりとしてもらったのは母でした。
横流しでもらいました。
あまりに珍しがってたからでしょう。

 *

「ターバン野口」(第2段ももうすぐ出るみたいだけど)で扱ってもらえたりするとよいのだろうけど,
人物が小さめなんだよな(しかも裏に,3人;紫式部とか)

|

« 姪に初対面 | Accueil | したいのにできなかったり,したくないのにしてしまったり »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

私も作ってみました、ターバン野口。
お財布に「種銭」として入れてます。
なんであんなにターバンが似合うんだろう・・・やっぱヒゲ?
「花嫁一葉」「家政婦は見た」とかもあるんだよね。

Rédigé par: ハラサチコ | le 12 juin 2007 à 00:02

まずはターバン野口ですよね,やっぱり。
私はあと,
ピエロ野口
ダイバー野口
飯炊き女おイチ
などを試みてみました。
たいてい「~会」イベントの現地会費払いに使っております。

こちらに公式ブログが↓
http://tuerbannoguti.blog74.fc2.com/
最新版は千羽鶴野口のようですが,
サイフに入れて持ち歩けなさそう...

Rédigé par: | le 12 juin 2007 à 22:38

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15392123

Voici les sites qui parlent de 弐千円札:

« 姪に初対面 | Accueil | したいのにできなかったり,したくないのにしてしまったり »