« 性格心理学I-07-10 | Accueil | この図書を推薦しますよ »

22 juin 2007

おけがとおねつのご連絡

...を,今日は立て続けに受ける。

おけがは母,ご本人からのメール,折り返し電話する。あちこち痛いらしい。
状況を聞くと,不幸中の幸い的なところもあるようだが,しかし,災難なことです。
骨折は初経験でしょうか?
息子としては記憶にないな。

おねつは娘,学校の担任の先生からの電話。
「職員室」へ迎えに行き,校長先生と教頭先生にお会いする。
「職員室」という名前のついた部屋に入るのは
(高校にはなかったから,自分が中学生のとき以来)なんと20年ぶり?
ものすごく低姿勢でご挨拶し,
そして娘と,スタコラサッサと退散する。
なんとなく長居はしたくないよね,その名前の部屋には。

|

« 性格心理学I-07-10 | Accueil | この図書を推薦しますよ »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

あらら、母上とお嬢さん、大変なことでしたね。
直後は炎症などが起きやすいのですが、
骨折は治りがけが肝心。お大事に。
職員室、そして「数研」諸事情により常連だった私、
けっこう居心地は良かったですぞ。

Rédigé par: ハラサチコ@職員室常連 | le 22 juin 2007 à 23:34

母上は打撲が痛いんだとかで。

数研!懐かしいヒビキ。そういえば職員室というより
そういう教科の先生の溜まり場=部屋へ出入りしてましたな。
国研・数研・英研はなぜかよく掃除当番がまわってきて,
さらに肩を揉めだのと要求する先生もいましたが
(英語の女の先生..名前忘れた,直接は習ってない),
そんな人づかいの荒い教員は今はいないんだろうなあ。

Rédigé par: m0ch1 | le 23 juin 2007 à 19:51

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15523771

Voici les sites qui parlent de おけがとおねつのご連絡:

« 性格心理学I-07-10 | Accueil | この図書を推薦しますよ »