« この図書を推薦しますよ | Accueil | 図を先に出すか後に出すか »

25 juin 2007

でその推薦文を書くのもまた四苦八苦

なるべくワンセンテンスで短く推薦文を添えることが求められている。
コピーライター業の人が偉大に思えてきた。

いま『「心の専門家」はいらない』を読み返してみている。

|

« この図書を推薦しますよ | Accueil | 図を先に出すか後に出すか »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

ちなみに著者の小沢牧子さんはオザケンこと小沢健二の母君であり、世界的な指揮者オザワセイジと親戚関係になるのですよ。

Rédigé par: kiki | le 30 juin 2007 à 02:56

有名な話ですよね。
しかし...
今の高校生における小沢健二の知名度はいかほどなのだろうか。

Rédigé par: m0ch1 | le 03 juil. 2007 à 12:04

>有名な話ですよね。

やはりご存じで…。

>しかし...
今の高校生における小沢健二の知名度はいかほどなのだろうか。

となると…
中学生のころから彼のファンとして生きてきた私としては、現在の高校生に世代間ギャップを感じてしまいます。私の中高はオザケンとともに流れていたのに。

これが、昭和の最後らへんとと平成の最初らへんの世代間ギャップなのかもしれません(笑)

Rédigé par: kiki | le 06 juil. 2007 à 11:14

世代間ギャップね。
「まじめに大学の授業に出る学生たち」
に出会った時点で(もう5年ほど前ですか),
すでに大きな世代間ギャップでしたけど。

まあ,指折り数えてみましょうよ。
kikiさんは両手あれば十分彼らに到達するのでしょうけれど。
私なんて,もはや足の指も動員しなきゃならん。
もう少ししたらそれもかないません。

そうやって,世代というのは形成されていくのです,否応なしに。

> 昭和の最後らへんとと平成の最初らへん
ってのは生年を言っていて,
それぞれ「5年間」くらい考えておられるのでしょうかね。
私は,昭和の最後らへんは中高生で,
平成の最初らへんは大学生&ぴちぴちの院生でした。
...なんとも,しょんぼりです。

Rédigé par: m0ch1 | le 06 juil. 2007 à 23:38

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15559100

Voici les sites qui parlent de でその推薦文を書くのもまた四苦八苦:

« この図書を推薦しますよ | Accueil | 図を先に出すか後に出すか »