« 25万のだるい日 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-補足 »

26 juin 2007

調整変数と媒介変数

いつになってもうまく説明できまへん。

A→Bというパスウェイを想定するとき,

Cが調整変数になるということは,
従属変数であるところのBに対して,A×Cの交互作用が有意になり,
必ずしもBとC,あるいはAとCの相関が高くない,という状況か。
より簡単には,Cの high vs. low という層別相関で,AとBの相関の値ががらっとかわるとか。

Cが媒介変数になる(つまり,A→C→B)ということは,
AとCの相関,CとBの相関は十分あり,かつA→C,C→Bの因果関係がそれなりに納得できて,
かつAとBの関係が必ずしもダイレクトではないと想定できるとき,という状況か。
(場合によっては,AとBの相関がほとんどゼロだったりなんてこともあるんだろう)

こんなのこんなのこんなので勉強したはず...ですね。

mediationの条件って,なんだっけ。調べておこう。

|

« 25万のだるい日 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-補足 »

08. QUESTIONS 【謎】」カテゴリの記事

Commentaires

分からなくなってきていたところなので、
たまたま訪れまして参考にさせていただいた学生です。
ありがとうございます。

ちなみに私は経営組織学で用いていますが、
Muller, Yzerbyt & Judd"When Moderation Is Mediated and..."2005やEdwards & Lambert"Methods for Integrating Moderation and Mediation"2007
などに出てくるMediated ModerationとModerated Mediation
がいまだにわかりません。

何かご示唆があればお願いします。

Rédigé par: mame | le 10 janv. 2011 à 19:07

mameさん

Muller et al. (2005)は読みかけたことがあります
(たしかに難しい!)。
「同じことになりますよね」という趣旨だったかと。

この例で言うと,

前段部分の
B×Cの交互作用(も)有意であるときに"mediated moderation",

後段部分の
Cの high vs. low 群などにおいて特定の群では
AとBの相関が高く,別の群では相関が低い,などのときに
"moderated mediation"

というのかなと,イメージ的には考えますが
(で,両者は同じような意味合いになりましょう)
正確ではないかもしれません。

Rédigé par: m0ch1 | le 11 janv. 2011 à 06:49

Mediation Analysisについては、村山さんの説明が分かりやすいですよ!↓
http://www4.ocn.ne.jp/~murakou/statistics.htm

Rédigé par: Kai | le 11 janv. 2011 à 12:44

あざーす。Kaiさん。

Rédigé par: mochi | le 11 janv. 2011 à 12:50

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15568779

Voici les sites qui parlent de 調整変数と媒介変数:

« 25万のだるい日 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-補足 »