« 前頭葉性行為障害などのレクチャー | Accueil | 3要因分散分析における二次の交互作用の分析の続き »

04 juil. 2007

3要因分散分析における二次の交互作用の分析

実演中。

とりあえず,3要因混合計画ANOVAで行くことにした。

最近使わせてもらっているJavaScript-Star的分類によると,
↓AsBC(3要因混合計画)↓
 Aが被験者間,2水準。
 Bが被験者内,3水準。
 Cが被験者内,6水準。

その結果,AxBxCの,二次の交互作用は有意でした!

うれしいような,かなしいような。

うれしいのは,実施時に感じていた,「特異的なセル」が存在するらしいことが
統計学的にも見いだせそうということ。

かなしいのは,Starでは自動的にあれこれのその後の分析をしてくれないことです
(たしかに,その方が効率的という見方もありますが,しかし作業量はね)

一定の見るべきポイントはわかっているが;
「分析の基本方針は,二次の交互作用を複数の単純交互作用に分解することです。」
(by 『実践心理データ解析』 p. 186)

|

« 前頭葉性行為障害などのレクチャー | Accueil | 3要因分散分析における二次の交互作用の分析の続き »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15648170

Voici les sites qui parlent de 3要因分散分析における二次の交互作用の分析:

« 前頭葉性行為障害などのレクチャー | Accueil | 3要因分散分析における二次の交互作用の分析の続き »