« 俄に | Accueil | 070710[bx2]腹減った→あいつ食べものつかんだ→そのとき脳は »

10 juil. 2007

「女性はおしゃべり」はステレオタイプ

最近やや科学よりの巷では,
先週のScience(←雑誌です;最近のいんぱくとふぁくたー30.028)の
Brevia(短信って意味)にありました,

「ほんとうに女は男よりも「おしゃべり」なのか」

が流行っているようです。
(そして,「日本の」男性はやっぱり喋らないと思うんだけど」とか,
「おじさんはやっぱりしゃべんないよな」とか,
「これでScience?!」みたいな感想とか)

対象は,
1998年から2004年の間に396人の参加者(男性186名,女性210名),
6サンプル(USAが5,メキシコが1,いずれも大学生)。

方法は,
EARという装置をつけて,睡眠時以外の「おしゃべり」を,
12.5分ごとに30秒録音するという方法でデータを採取するようです。
そのデータを元に,一日に喋る単語総数を推定する,と。

結果は,
起きていると推定した17時間で,
男性の平均は15,669(SD=7301)語,女性の平均は16,215(SD=8633)語で,
有意差なし。

 *

そういう結果を読んでも,「でもさ...」っていう感想がちらほら出てくるところが,
やっぱりステレオタイプ的だと思うんですよ。
ぺらぺら喋る男性もいれば,寡黙な女性もいて,かつ,
自分のまわりの人の生活の(たいていは)一部しか知らないんだから,
「平均」なんてわからないのだし。

 *

脳科学的な衣をまとったmythとしては,
女性
 → 脳梁が太い(左右半球をつなぐ神経線維が豊富)とか
   片側の優位半球への"偏り"具合が弱い(両方使っている?)
  → おしゃべりが得意
みたいのがあるけど,これはどうなんだろうなぁ...
女性=おしゃべり,というステレオタイプまずありき,
な話のように見えるなあ。

 *

30秒でしゃべる単語の量っていうよりも,
しゃべりの速度みたいのは考えなくていいんだろうか。そして
せっかくだから,睡眠時間がいかほどだったかも調べてくれたらいいのに。

|

« 俄に | Accueil | 070710[bx2]腹減った→あいつ食べものつかんだ→そのとき脳は »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15713443

Voici les sites qui parlent de 「女性はおしゃべり」はステレオタイプ:

« 俄に | Accueil | 070710[bx2]腹減った→あいつ食べものつかんだ→そのとき脳は »