« juillet 2007 | Accueil | septembre 2007 »

49 posts pour la période août 2007

30 août 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-0

昨夜,来週の担当者からご質問のメールをいただき,
いよいよ始まるなという感じ。

自分も読んでおきましょう。

そして毎回,ここにも<かいつまんで>いつものように書いていくことにしよう。

Lire la suite "臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-0"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

軽作業は重労働である

結局、事後計算では880弱になりました。
私を含めて委員3名(+事務の方々、そして最初と最後に院生さんのご協力を得て)にて,
1時30分に始まり,だいたい5時30分に終了。

あれこれ来年度のことも相談しながら。

Lire la suite "軽作業は重労働である"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29 août 2007

8/30 ココログ 緊急メンテナンスのお知らせ

だそうです。こちら

その時間帯,私は何人かと一緒に
軽作業×890(=重労働,だと思う;数が増えれば)
に取り組んでいることでしょう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

発行年と発行元を明示してほしい

あちこちかきむしりたくなるくらいわからん。

どうして心理検査★の発行年とか発行元の情報はこうも少ないのだろう。

Lire la suite "発行年と発行元を明示してほしい"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27 août 2007

「書」の書き順(筆順)が違う

「書」という漢字の,上の方にある縦棒はさて,何画目でしょう。

Lire la suite "「書」の書き順(筆順)が違う"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

リアル世界のあれこれの滞りに手を入れる

基本的にprocrastinationの得意である私ですが,
今日は学術的なやつとかスケジュール調整的なやつとか
あれこれをいくつかこなして(進めて)
心理的に「少しは楽」になる。

...でも,これもまた「先延ばし」の一種であるような気がしないでもない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

プールまつり図書館洗車まつりの週末

妻は一泊二日の「ご出張」。
この週末は,娘とのふたり暮らしでした。

土曜日はプール
(足をつかずに20mくらいはバタ足+息継ぎで泳いで行けるようになり,それを3本くらいした;
進歩っていうか進泳っていうか...もちろん娘の話ですよ)
4時間以上おつきあい。

夜は散歩がてらお祭りに。歩いていけるところ。夕飯ももちろん。ビールももちろん。

日曜日は午前中,市立図書館に(「読書感想文」2冊書かなきゃならんらしい)
でも,小学校低学年向きの手頃な「よき本」は,なかなか見つからないんだよね~
絵本は簡単すぎたり,字ばっかりの本はちょっとしんどかったり。

洗車に行って「真夏の車中の高温状態」を数分間経験したり。

そして夜は散歩がてらお祭りに(またかい)。夕飯ももちろん,ビールももちろん。

Lire la suite "プールまつり図書館洗車まつりの週末"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

24 août 2007

070824[bx2]voluntary action,intentional action,willed action

070824[bx2]-1 dorsal frontomedian cortex; self-control; fMRI
To Do or Not to Do: The Neural Signature of Self-Control

「自発性」とか,「意図」と「意志」の違いという,
私にとっては最上級に重要なテーマの論文なのですが,
まあとにかく,そういうところがactivateしていてほっとしました。
(あと,両側anterior insulaとか左側STSとか)

というか,そういう発想を他の研究者もしたりするんだと思ってうれしかったり。

Lire la suite "070824[bx2]voluntary action,intentional action,willed action"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23 août 2007

07MC演習(仮題)-0

こちらも大学院授業。マスターコース。月曜3・4限。
昨年度は人数も多く,結局レクチャーっぽくやったけれど,
今年度は今のところ登録者は半減(でも9月になってから登録するのが本筋らしい)。

「学校心理学的」拡張を図るような,共同学習テキスト。
スクールニューロサイコロジー路線。

...そういうのってものすごくファンダメンタルに必要だと思うのですが,日本ではどうなんでしょう;
 日本のその名前の心理士「資格」の概念にはほとんどまったく入っていないらしいけど。
 
手持ちのものでは以下のような書籍が。
手頃な入門書ってのが,ないんだよねぇ。

Lire la suite "07MC演習(仮題)-0"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07特講-0

もうすぐ9月,2学期が始まってしまうではありませんか。

どうも院の授業では「講義」ばっかりしていて(少なくとも昨年度はそうだった),
自分の方の知識の拡張があまり図れていないのではという気もする。

ここいらでひとつ,「共同学習的」にしてみたらどうかと考えたりもする。

特攻,いや特
ドクターコース1年の授業。木曜4限。
科目は通年だが,私が担当するのは2学期10回?
学会や入試で数回つぶれること必定。

Lire la suite "07特講-0"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22 août 2007

考える中心/考えが集中する

こちらのデスクトップマシンが昼に到着。
ThinkCentreとは,ね。どういう意味なんでしょう?
Towerタイプ。

さっそくちょこまかと(入試関係終了後),物理的な接続作業を施す。
モニタ,キーボード,ワイヤレスマウス,プリンタ,
USBハブ(デスクアンダーに置くことにしたので,デスクトップに"ポート出張"してもらう),
外付HDD,そしてLANケーブルと電源ケーブル。

ソフトウェア的にはGoogleパック(最近ブラウザはFireFoxで,gmailも使っているし),
Becky!(メーラ;旧マシンのをそっくり移行)。
あれこれのアップデート。

「今日のところはこれくらいにしておいてやろう」


Lire la suite "考える中心/考えが集中する"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

大学院入試の2日目

口述試験。

4時間で,一次合格者全員の方々のお話をうかがい,
質疑応答しました。
私はみなさんから見て,右の方のテーブルにおりました(そりゃわかるか)。

お疲れさまでした。

Lire la suite "大学院入試の2日目"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21 août 2007

070821[bx1][mz3]背外側前頭前野的認知能力&誠実性

070821[bx1][mz3]-1 DLPFC; conscientiousness
Prefrontal Cognitive Ability, Intelligence, Big Five Personality,
and the Prediction of Advanced Academic and Workplace Performance

背外側前頭前野的認知能力(dorsolateral prefrontal cognitive ability: D-PFCA)★と
パーソナリティ(Big Five=NEO-PI-Rで測定される)と,
知能(WAIS-IIIやレーヴン)は,
アカデミックなパフォーマンスや仕事場でのパフォーマンスを予測するか?
ってことで,(タイトルから予測されるように)予測しますっていう結果。

★7種のexecutiveなtask。

D-PFCAはアカデミックにもワークプレイスにも,
Big Fiveの誠実性(Conscientiousness)は特にアカデミックな方には効いてくるらしい。

Lire la suite "070821[bx1][mz3]背外側前頭前野的認知能力&誠実性"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

本日のささやかにラッキーな出来事

共同研究者であるところの院生の「研究倫理審査」2件,
の事前申請が「正式申請可」となり,
なおかつ「委員の先生の粋なはからいで
(そうじゃなくてもそう思うことにして,あえて恩義を感じることにする),
来月の委員会に出せる,らしい,ということでしょうか。

Lire la suite "本日のささやかにラッキーな出来事"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

大学院入試の1日目

ということでありました。

本日は筆記試験です。本日中にすべての科目の採点は終わり,
明日の面接に残る人々(一次合格者)を決めるところまで。

以上。

Lire la suite "大学院入試の1日目"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20 août 2007

『「要旨見てもわからないようなこと」を3行コメント付けてくれればすごく有益だと思うんですけど。』

というpooneilさんの
pooneilの脳科学論文コメント: 論文コメント日記についてのあふれる思いを
あふれる思いに同感。
特に2)の,このタイトルにあげたところにピキーン!!とくるところが。

なるべく自分もそういう方向で行きたいなと思ってるわけです。努力目標として。
要旨に書かれていないこと/書かれていないところこそ,書くべきなんじゃないかと。


Lire la suite "『「要旨見てもわからないようなこと」を3行コメント付けてくれればすごく有益だと思うんですけど。』"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

印刷業者的にお手伝い

今度帯広にフェリーで行く(らしい)彼のポスターを見せてもらって,印刷のお手伝いする。

...ってほどたいそうなことでもないけど,
とりあえず印刷中は
パソコンが起動していて,かつ起動し続けてくれていてよかった

ほんと,ちょっとでもアイドリングな時間があると
すぐ変なメッセージをスクリーンに出し,
自動的に再起動したり,
運が悪いと再起動もしなくなったりするものですから。

Lire la suite "印刷業者的にお手伝い"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

再び独身生活中

去年も,その前の年もそうですが;理由もまったく同じ)
いまや恒例となりました,独身生活中であります。

今年は土曜日から始まってまして
(出国は日曜朝でしたが毎度のとおりセントレア発着なものですから)
水曜日まで。
妻と娘はただいま香港におります。

 *

本来ですとイヤッホーッイ!!とか叫びながらルンルン気分になったりしていても
なんの不思議もないところかと思うわけですが。

何か心因的にそうなのか,貧しき食生活の故なのかわかりませんが,
ちょっとおなかが痛く,本日はもう帰宅。

Lire la suite "再び独身生活中"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070820[bx2]チョコレートが好きでたまらない

070820[bx2]-1 chocolate; craving; fMRI
Enhanced affective brain representations of chocolate in cravers vs. non-cravers

特性チョコレート渇望質問紙CCQ-T(Chocolate Cravers Questionnaire; Cepeda-Benito et al, 2003)で
cravers/non-craversとされた人々に対して,味覚 and/or 視覚で「チョコレート」を提示し,
両者の脳活動の相違(と,快の程度,強さ,「ほしい」度の評定)を検討。

一次味覚皮質(anterior insula)の活動には相違がない。
視覚オンリー条件ではorbitofrontal cortex,ventral striatumの活動に,
視覚+味覚条件ではorbitofrontalcortex,pregenual/anterior cingulate cortexの活動に
相違がみられた。

味にのみhypersensitiveってことじゃなくって,
チョコレートというreward報酬の視覚情報が効いているらしい。

Lire la suite "070820[bx2]チョコレートが好きでたまらない"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

昔の教え子からお手紙頂戴する

10年前(それ以上,になってしまった)といえば,
某受験産業でアルバイト講師をしていたのでした。
ここに書いたとおり。
 ※リンクの貼り間違いを修正14:58

で,先日,そこで教えていた生徒さん(当時中学生)のおひとりからお手紙を頂戴しました。
ご結婚されたとのこと,おめでとうございます。お幸せに。
こうしてお手紙を頂戴するのも,大変うれしいことです。
懐かしい文字。

Lire la suite "昔の教え子からお手紙頂戴する"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

デスクトップマシンを買うことにする/ノートブックの遍歴

最近のパソコン不調×2台にはさすがに嫌気がさし,
(X40のHDDは入手困難だし)

デスクトップのパソコンを買うことにする。XPで。

Lire la suite "デスクトップマシンを買うことにする/ノートブックの遍歴"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17 août 2007

言語力=文章表現力・思考力・読解力=コミュニケーション力

今朝Y新聞一面で読みました。
今後小中高の全教科で育成をはかるのだそうです。

・・・「言葉は学力向上のために欠かせない手段」と位置づけ、小学校の低学年から、
国語だけでなくすべての教育活動を通じて言語力を育成する必要があると判断した。・・・

それはともかく。

Lire la suite "言語力=文章表現力・思考力・読解力=コミュニケーション力"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16 août 2007

円グラフの色づかい

は,いったいどうすれば識別性高くかつすっきりするものだろうか。
色は使うけどあまり多色使用せず,
4~6の区分が存在する。

美的感覚の問題,の前に考えなくてはなりません。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

X31

今度は大学で据え置き的に使っているThinkPadX31が起動しなくなりました。

やれやれ。

参ったな。

ほんとに。

 *

あれこれ滞る。

Lire la suite "X31"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14 août 2007

プールに行く

福利厚生的消費。
今日はこちらもう一方はすでに行っております。

ご想像の通り,ものすご~く混雑してました。

こうして(まだ夏真っ盛りの様相ですが),夏は過ぎていくわけです。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12 août 2007

娘が戻ってくる。

娘が1週間の「避暑地滞在」(おじいちゃん・おばあちゃんちでの夏休み)から戻ってきました。
...いろいろ話したいことがあって,しゃべりっ通しです。

どうも,お世話になりました。

去年も1週間滞在して,今年で2回目。

Lire la suite "娘が戻ってくる。"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

10 août 2007

070810[bx1]DEXとDES

070810[bx1]-1 dissociation; executive function
The relationship between executive functioning and dissociation

遂行機能と解離性(障害・現象)の関係についての検討。
大学生対象。
DES(解離経験尺度)の得点の高低によって高解離傾向群と低解離傾向群の2群に分け,
DEX(遂行機能障害の質問表 in BADS),
IGTギャンブリングタスク,スパンタスク,WCSTなどの神経心理学的遂行機能課題を施行し比較。

神経心理学的遂行機能課題には群間に差は認められず,
質問紙であるところのDEXにのみ有意差がみられた
(高解離傾向群で点数が高い=遂行機能障害傾向を認める)。
これは総合得点でも,5つある下位因子でも同様の結果であった。

Lire la suite "070810[bx1]DEXとDES"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

夏季における心身のリフレッシュ及び省エネルギーに資する

8月13日,14日の夏季一斉休業について

たぶん,「及び」以下の後半部分が重要なのでしょう。
その理由ならもう少しあってもいいような気がするが。

Lire la suite "夏季における心身のリフレッシュ及び省エネルギーに資する"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070810[mz1]演習用

いつものように演習候補。1と3は2学期,2と4は3学期。

070810[mz1]-1 disgust sensitivity; contamination fear; OCD
Specificity of disgust sensitivity in the prediction of behavioral avoidance in contamination fear
嫌悪感受性と汚染恐怖。櫛,床のクッキー,便器でのBATs。

070810[mz1]-2 anxiety sensitivity
Does anxiety sensitivity predict symptoms of panic, depression, and social anxiety?
不安感受性の"physical concern"要素がパニックと抑うつを予測する。

070810[mz1]-3 social anxiety; interpretation bias; self-image
Inducing an interpretation bias changes self-imagery: A preliminary investigation
ネガティブな解釈バイアストレーニング→ネガティブな自己イメージ

070810[mz1]-4 risky behaviors; depression; anxiety; emotion regulation; neuroticism
Responding to symptoms of depression and anxiety:
Emotion regulation, neuroticism, and engagement in risky behaviors

抑うつと不安と情動制御と神経症傾向とリスキーな行動の関係。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

X40その後

5月くらいに大騒ぎしておりました,これこれこれこれなどが
その後どうなっているか,です。

Lire la suite "X40その後"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

こっちだけではなくあっちへも

このblogだけではなく,公的なお知らせの方にも報告記事を書くように
依頼され,2件ほど書きました。

まったくもってごもっともなことであります。

Lire la suite "こっちだけではなくあっちへも"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08 août 2007

8月の入学式と新入生オリエンテーション

「第2学期推薦入試」(そういう入試も7月に行われているのです)で合格され入学された方々の
入学式と新入生オリエンテーションが行われる。
担任である私は後半に出席。

少しはクラスの人々にも読まれているようだからお知らせすると,
おひとり,メンバーが増えました
(もう一方のクラスは,おふたり)。

Lire la suite "8月の入学式と新入生オリエンテーション"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

年齢・性別解析機能 実験中

なかのひと」に追加された機能です。

まだアクセスデータが少なく,性別推計はできないのだそうですが,

年齢推計のグラフはこのとおり↓だそうです。

Untitled

Lire la suite "年齢・性別解析機能 実験中"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

07 août 2007

暑くて頭が回らない,の心理学

そういう実用的かつ実証的な研究論文はないのかと思って
いつものごとくPubMed様にお問い合わせしてみたところ,
以下のようなレビューがあるらしい。

Effects of hot and cold temperature exposure on performance: a meta-analytic review.

Task performance in heat: a review.

Lire la suite "暑くて頭が回らない,の心理学"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070807[mz3]「自己沈黙化」,社会規定的完全主義,抑うつ

070807[mz3]-2 perfectionism; self-silencing; depression
Perfectionism, silencing the self, and depression

対人関係を維持・向上するために「自己犠牲的に」「言いたいことも言わないでおく」
ことを自己沈黙化(self-silencing)という。
先行研究で(質問紙)4つの因子,
silencing the self; externalized self-perception; care as self-sacrifice; divided self
になっているが,これらと多次元完全主義,抑うつの関係を検討した。

社会規定的完全主義と自己沈黙化には有意な正の相関関係があり,
mediational analysisでは
 社会規定的完全主義→抑うつ,
 社会規定的完全主義→自己沈黙化→抑うつ(partialなmediation)
moderator analysisでは
 社会規定的完全主義×自己沈黙化総合得点
 社会規定的完全主義×externalized self-perception の交互作用は
ΔR-squaredを有意に向上させた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070807[mz3]ポジティブな切迫感,ネガティブな切迫感

070807[mz3]-1 impulsivity; positive urgency; negative urgency
Mood-based rash action and its components: Positive and negative urgency

「軽率な行動」(rash action)に関わる特性の研究。
multimethod multimatrix(MTMM),質問紙と面接による調査で,
ポジティブ切迫感,ネガティブ切迫感,刺激希求,計画のなさ,根気のなさを検討し,
確認的因子分析も。高次因子として,
・切迫感(ポジティブ切迫感・ネガティブ切迫感)
・刺激希求
・誠実性のなさ(計画のなさ・根気のなさ)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04 août 2007

避暑地

に来ています。実家です。
まだ今年の最高気温は28.7度だそうです。
扇風機も出されていない。

避暑っぽいです。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070804[bx2]嫌悪感受性と嫌悪食物

070804[bx2]-3 disgust; disgust sensitivity; disgust foods
Disgust sensitivity predicts the insula and pallidal response to pictures of disgusting foods

嫌悪に関する感受性は個人差があるけれど(嫌悪感受性),
嫌悪を催す食物(腐った肉やカビの生えたパンなど)を見たときの
腹前側の島insular,
および淡蒼球,感覚運動領域のorofacialな部分の活動に正の相関がみられる
(うまそうな食べ物ではそのような相関はない)。

Lire la suite "070804[bx2]嫌悪感受性と嫌悪食物"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070804[bx2]予期的な不快情動を認知的にコントロールする

070804[bx2]-2 emotional regulation; cognitive control;
Modulation of anticipatory emotion and perception processing by cognitive control

認知行動療法の"reality checking"みたいなことをすると,
(「スキャナーの中に横たわっている」「何か写真を見せられるけど,これは実験の一部なんだ」
 ということを考えて,情動の方に意識を向けないようにする)
 → 左前頭前野(内側部・背外側部)の活動は上昇し,
    左扁桃体(と視覚関連領域)の活動は減少する。

Lire la suite "070804[bx2]予期的な不快情動を認知的にコントロールする"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070804[bx2]肥満×高カロリー食

070804[bx2]-1 obesity; eating; fMRI
Differential activation of the dorsal striatum
by high-calorie visual food stimuli in obese individuals

13名の肥満傾向被験者と13名の標準体重被験者(いずれも女性)に対して,
高カロリー食(ハンバーガー,パンケーキなど)
低カロリー食(果物,野菜など),
食事関連用品(フォークやスプーンなど)を視覚提示して脳活動を測定。

撮像後の食欲評定を従属変数とする,刺激×群の2要因分散分析では
刺激の主効果は有意であったが,群の主効果および交互作用は有意ではなかった。
(両群とも,「低カロリー食」の評定が最大だった)

脳活動は,肥満傾向被験者-高カロリー条件では,
dorsal striatum(尾状核・被殻)のactivate
 →habit learning(習慣学習)とか古典的条件付けとか報酬予期とか。

(高カロリー条件)その活動には,BMIとの正の相関なども。

Lire la suite "070804[bx2]肥満×高カロリー食"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03 août 2007

旅費支給の取扱について

4月に変更があったばかりですが,8月10日付けで再度変更があるようです。
学内オンリーなページに掲載されていて,またよく読解しないと意味が取りにくいので,
詳細は書かないけれど,
どうやらある程度「従来通り」的な扱いに戻す,ということらしい。

こういうのを
朝令暮改
っていうのだと思うのですがいかがですかな。

Lire la suite "旅費支給の取扱について"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

平成19年度大学説明会【人間学群】

お暑い中,多くのみなさんにご来場いただきましてありがとうございました。
3つの学類をあわせると,1,000名以上となり,用意した資料が不足して
しまい,大学会館講堂の2階席までほぼ満杯でありました。

午前は司会進行役,
 (どれくらい「スケジュール通り」に行くか)
  → いきませんでした,やっぱり。来年の先生に十分ひきつぎしましょう。

午後はプチ講義講師,
 (ワーキングメモリと遂行機能→prefrontalネタです)
  → お昼のあとだったせいか,テンポが早すぎたせいか,
     聴覚提示の数字"3-back task"(をやってもらいましたが)正答率が...
     いちおう4-back taskも用意はしておいたのですが,杞憂でした。
  → 質問紙はやっぱり,皆お好きらしい。
  → いまの高校生は「めちゃイケ」見ないの?「数取団」わからんかったらしい。
     ※ネタの入れ替えが必要。何かあるかなぁ。
  → やってるほうは50分間で,ちょい中途半端な感じ。

そしてトーキングルーム
 (雑談に応じ,即興的に質疑応答しなくてはなりません)
  → いろんな人たちとおしゃべりできて楽しかったです。
     よく考えると,こんなに初対面の人たちと話す機会はそう多くないな,ふだんも。

というわけで,
だいたい朝8時30分過ぎから夕方5時30分頃まで。

Lire la suite "平成19年度大学説明会【人間学群】"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070803[bx1]TMTとRNG

技法的なところのメモ。

070803[bx1]-1 Trail Making Test; executive function
Trail Making Test in traumatic brain injury, schizophrenia, and normal ageing:
Sample comparisons and normative data

あいかわらず【TMT検索され度】は高いです。
この論文では,Reitan(1958, 1992)のを使い,指標は
difference score(B-A),ratio score(B:A),proportional score(B-A/A)を算出しています。
...partAもpartBもやっているのなら,どうぞ。

070803[bx1]-2 random number generation; executive function
The random number generation task: Psychometric properties and
normative data of an executive function task in a mixed sample

ランダムナンバージェネレーション。
「ランダムになるように」(たとえば,数字の0~9を)答えていく課題。
因子分析すると,seriation因子,cycling因子,repetition因子の3因子構造だそうです。
そして,あれこれの遂行機能課題との相関などを見たり,normative dataを示したりしています。
RGCalcというプログラムをダウンロードして答えを入れていくと,
指標はものすごーくいろいろ算出してくれて便利です。

Lire la suite "070803[bx1]TMTとRNG"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26万と出ず(づ)っぱり

昨日2日,23時台に26万アクセスに達しました。
暑い日が数日続いております。

本日3日は,オープンキャンパス(とは呼ばず,「大学説明会」)。
午前は司会進行役,
 (どれくらい「スケジュール通り」に行くか)
午後はプチ講義講師,
 (ワーキングメモリと遂行機能→prefrontalネタです)
そしてトーキングルーム
 (雑談に応じ,即興的に質疑応答しなくてはなりません)

などなど,
出ずっぱりです。

Lire la suite "26万と出ず(づ)っぱり"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01 août 2007

「改組・再編の趣旨と必要性」

私が所属しております「人間総合科学研究科」ホームページに,
表題の通りの文書が掲げられています。

...

読みました?
読めました?
難しいですね。

Lire la suite "「改組・再編の趣旨と必要性」"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070801[bx2]心的因果関係(意図)を推測することは青年期以降も発達的に変化する

070801[bx2]-2 adolescence; ToM; mentalising
Adolescent development of the neural circuitry for thinking about intentions

(おーぷんあくせすなあーてぃくるです)

19名の青年女子被験者群(平均年齢14.79歳;12.12-18.06歳)と
11名の成人女性被験者群(平均年齢28.43歳;22.40-37.76歳)の脳活動を比較。
課題は,ストーリーを読んで判断;半数はintentionalな因果関係,半数はphysicalな因果関係。

両群とも
medialPFC,STS,TPJ,temporal polesの'mentalising networks'を
intentionalな方で使っているが,
青年群はmedial PFCがよりactivateされており,
成人群では右TPJを。

つまり発達に伴って「前から後ろへシフトする」という相違・変化がある。

Lire la suite "070801[bx2]心的因果関係(意図)を推測することは青年期以降も発達的に変化する"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070801[bx2]二段階で抑制

070801[bx2]-1suppression; emotional memories
Prefrontal Regions Orchestrate Suppression of Emotional Memories via a Two-Phase Process

情動的記憶を抑制するしくみ。
cue-target pairのassociation後に,Think/No-Thinkするparadigmで検討。

NT>T contrast→右前頭葉のBA8,9/46,10↑
12試行の時間的変化をみると,右のinfFGは初期に,右のmedFGは徐々にactivate。
 認知的な(記憶の知覚的要素)コントロールが前者(紡錘状回や視床枕と),
 情動的な(記憶の情動的要素)コントロールが後者(海馬や扁桃体と)。

Lire la suite "070801[bx2]二段階で抑制"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

"Cogniform Disorder"

(Somatoform Disorder→身体表現性障害,だから)

認知表現性障害

と訳すことになるんだろう。そういうtermのご提案。
(より限定的な場合には,"Cogniform Condition"と呼ぼうというご提案も。)


Cogniform Disorder and Cogniform Condition:
Proposed diagnoses for excessive cognitive symptoms

認知面(記憶,集中力などなど)の問題の過度な訴えや,
症状を誇張しているかのような,認知的検査成績の不良。

Lire la suite ""Cogniform Disorder""

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

070801[bx1]Huntington's disease→impaied recognition of disgust,ではない

070801[bx1]-1 Huntington's disease; disgust; emotion recognition
Beyond disgust: impaired recognition of negative emotions
prior to diagnosis in Huntington's disease

必ずしも「嫌悪」表情の認知に強い障害があるわけではなく,
否定的感情全般に低下。
それは発症前の対象者にもいえる。
→「線条体」と「嫌悪認知」の関係を否定。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juillet 2007 | Accueil | septembre 2007 »