« 07特講-1 | Accueil | 台風のため »

06 sept. 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-01

Exploring the boundaries of memory distrust from repeated checking:
Increasing external validity and examining thresholds

「繰り返し確認することによる記憶不信(=確信度低下)」

追記しました(2007.9.7 17:40)

ウンさん担当。

強迫性障害において,「確認強迫(行動)」は非常に一般的にみられる現象である。
これが「記憶障害による」ものなのかは以前より検討されてきたが,結果はさまざま。
むしろ,そういう記憶の正しさよりも,
記憶に対する自信・確信度に問題がある,という話にシフトしてきた。
健常大学生における,「繰り返し確認→記憶に対する確信度低下」はすでに
いくつかの先行研究でも検討されている。
この研究では,先行研究をreplicateし,かつ,
「何回確認すれば記憶の確信度が低下するのか」を明らかにする。

研究1
4口ならんでいるリアル電気コンロのノブの,ON/OFF/CHECKをする課題。
(CHECKは,ガチャガチャとノブを回して,ON/OFFを確かめる)
被験者は無作為に,0 check条件か,15 check条件に割り振られた。
 ・群間に,強迫性障害傾向,抑うつ傾向には差はない。

pre-test → CHECK(0/15) → post-test
で,2回のtestでは,記憶の正確さとともに,
記憶の確信度,記憶の鮮明さ,記憶の詳細さについての(0-100)の自己評定,
さらにその源が,「覚えているremembering」のか「知っているknowing」のかについての
回答が求められた。
結果:
15 check条件群は,post-testにおいて,確信度,鮮明さ,詳細さの評定が低下した。
正確さは低下しなかった。また,post-testでは「知っている」の回答率が増加した。

研究2
CHECKの回数を0,2,5,10,15の群を設定して,同様の低下現象を検討。課題は同一。
結果:2回から10回の確認で,確信度・鮮明さ・詳細さの評定は低下した。
(3次関数による近似とかで)

 ↓
何度も確認するという行動を行うと,記憶に対する確信度・鮮明さ・詳細さは低下する
non-clinicalなサンプルでも。2回以上確認してしまうと。

※(個人的感想)結局OCD,あるいはOC傾向と「確認強迫」の関係は不明...というか,
  なぜ何度も確認してしまうのか,という点が明らかになったわけではない。

※(教育的示唆)同じことを何度も確認させるということは,記憶の正確さを低下させる
 ようなことはないが,確信度・鮮明さ・詳細さを低下させるということである。
 ・何度も何かを「確認させる」先生は,生徒の確信度・鮮明さ・詳細さを低下させる虞があるってこと。
 ・テストか何かで何度も見直し「確認する」生徒は,その都度確信度が低下することになるってこと。

※(授業の感想)2学期初回であるせいか,静穏でした。
  もっとガヤガヤとやりたいところです。

|

« 07特講-1 | Accueil | 台風のため »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/16364695

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-01:

« 07特講-1 | Accueil | 台風のため »