« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-0 | Accueil | 本家本元IGT(TM)は販売されている »

01 sept. 2007

パソコンでできるIGT

Iowa Gambling Task(アイオワギャンブリング課題)ってパソコンで動かせるアプリケーションが
あったのですね,最近まで知らなかった。
これです

有名な(神経)心理学課題で,前頭葉眼窩面(orbitofrontal)に障害があると,
bad decksを引き続ける傾向がある,という。

Wikipediaにもあります。

ちなみに私は...苦手。
どういう仕組みかわかっていても。

|

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-0 | Accueil | 本家本元IGT(TM)は販売されている »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

Commentaires

わたしたちも、使っています(テレビショッピング風に)。
随分とデータ採取が楽になってるはずです。カード版やったことはないですが。

ただ、金銭ロスに対するリアリティが低まっているような気がします。結果として、課題の閾値が下がってるような気がします。

Rédigé par: kob@tokyo | le 02 sept. 2007 à 00:53

そうそう,先生方の抄録見て,探してみたわけさ。ありがとうございます(笑)
これはポスターってわけにいかないな。

れいこさんが以前カード版でやっておられましたが,
たしかに実施は楽になりそうです。
そして,おっしゃるように,
なんか気軽にポチッとできてしまう分,現実感が弱い感はありますね。
(→でもこれって「ギャンブル依存」とか「病的賭博」に関係ありそうな気もする。)

額面を二桁くらい増量するとか($的感覚で作られているようだから)or「万円です」とするとか。
紙幣のダミーのうけわたしを実際に伴ってやってみるとか。

Rédigé par: m0ch1 | le 02 sept. 2007 à 07:08

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/16312428

Voici les sites qui parlent de パソコンでできるIGT:

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-0 | Accueil | 本家本元IGT(TM)は販売されている »