« 07特講-4 | Accueil | 性格心理学II-07-5 »

25 oct. 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-04

Mood congruent memory in Dysphoria: The roles of state affect and cognitive style

「抑うつ気分状態にある人の気分一致効果:感情状態と認知スタイルの役割」

中川さん担当。

気分一致効果についてはあれこれの研究があり,
BeckのスキーマモデルやBowerの感情連合ネットワークモデルなどによって説明されてきたが,
一時的な気分状態と,個人の安定した特性とが,どれくらいの割合でどのように
この気分一致効果に影響を与えているのかは,まだ未解明な部分が多い。

BDIが15点以上の人→(NAT群)
1~5点の人→2群に分割,実験的に抑うつ気分に誘導される(EXP群),されない(ND群)
を対象。

気分VAS評価→気分誘導→気分VAS評価
→提示されるポジティブ語・ネガティブ語が自分にあてはまるか否かを判断
→再生(偶発的記憶課題)
→再度気分誘導→気分VAS評価
→提示されるポジティブ語・ネガティブ語を記銘するよう求められる
→再生(意図的記憶課題)
→3度目の気分誘導→気分VAS評価
→帰属スタイル・自尊心・DASでスキーマ測定

結果。

★再生数★
偶発的記憶課題:ポジティブ語→ND>EXP・NAT
偶発的記憶課題:ネガティブ語→NAT>ND・EXP
意図的記憶課題では以上のような群間差は認められない。

★バイアス★(ポジティブ語再生数-ネガティブ語再生数)
いずれも偶発的記憶課題の再生において,
NAT群はネガティブなバイアス,EXP群はニュートラル,ND群はポジティブなバイアス

★認知スタイルや状態気分との相関★(偶発的記憶課題において)
ポジティブ語再生数:ポジティブ感情の高さ,ネガティブ感情の低さ
ネガティブ語再生数:ネガティブな帰属スタイル,低自尊心,DASの高さ,ポジティブ感情の低さ
が有意。

考察。
偶発的記憶と意図的記憶は異なるプロセス。
偶発的記憶のうち,
ポジティブ語再生は,一時的な気分の影響を受ける
ネガティブ語再生は,一時的な気分と,特性的な側面の両者の影響を受ける
ようなので,
ポジティブ語に対する気分一致効果はBowerモデルでの説明,
ネガティブ語に対する気分一致効果はBeckモデルでの説明,が妥当であろう。

 *

この授業ではどちらかというと(というかずーっと)ネガティブなことばかり学習していて,
必ずしも意図的記憶課題にしていないから,
あえて偶発記憶課題状況を設定してみたら(抜き打ち筆記試験とか),
個人の安定的な特性の影響が大きく現れそう,ということでしょうか。

 *

授業のあと,
来年の卒論のことでちょっとだけ「お問い合わせ」(平成20年度プレ"折衝")を受ける。
もうそんなシーズンか,と。


|

« 07特講-4 | Accueil | 性格心理学II-07-5 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/16876154

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-04:

« 07特講-4 | Accueil | 性格心理学II-07-5 »