« 07特講-5 | Accueil | 28万の寒い日 »

01 nov. 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-05

Implicit views of the self in social anxiety

「社会不安における潜在的自己像」


※追記しました(2007.11.2 17:00)

宮越さん担当。

社会的脅威状況下において,潜在的な自己像が
高社会不安傾向者と低社会不安傾向者で異なるかどうか,
(高社会不安傾向者はincongruent---self+negativeで反応時間が短い,などの仮説)

IAT(Implicit Association Task)を用いて調べるという話です。

*

[社会不安とIAT]の先行研究はいくつかあるが,結果が一貫したものではない。
さらに,
1)comorbidityの高い抑うつの影響を考慮していない
2)社会的脅威状況下になく,十分に非機能的態度をactivateできていない

これらの点を考慮して,「これからスピーチしてもらいます」という脅威状況下での
IAT,及び質問紙への回答を,高社会不安傾向者と低社会不安傾向者で比較する。
(IATが潜在的で,質問紙が顕在的・意識的)

IATは,自己・他者,およびポジティブ語・ネガティブ語。
 ※やり方は...言葉で説明するのが難しいけど,(こんなサイトで体験できます)
   パソコン画面に提示される単語を見て,二つのキーで分類;反応時間測定。
尺度は,FNE,SIAS,SAQ(抑うつ研究でいうところのDASの社会不安版),SCQ
(抑うつもBDIで取っておいて,共変量にする)

*

self-positive,others-negativeというのがcompatible,
self-negative,others-positiveというのがincompatibleになるのですが,
そういうcompatibility×groupで分散分析すると交互作用が有意で,
compatible条件において,高社会不安傾向者群の反応時間が低社会不安傾向者より遅かった。
incompatible条件では,群間に差はなかった。

質問紙では,高社会不安傾向者がネガティブな自己評価をしていたり,などなど
(この他に,予期思考のspeak-aloudの中身も検討している)。

*

結論としては,IATの結果に関する仮説は支持されなくって,
社会不安傾向が高いと
潜在的な自己:ネガティブな評価をしていない。ポジティブではあるけれど,そのポジティブさが少ない。
顕在的な自己:ネガティブな評価をしている。
→ネガティブである,ということと,ポジティブさが少ない,ということはイコールではありません。
 もっと研究しないとね。

*

実験としては,もうひとつ仕掛けがあったようなのですが,
due to technical errors,
その重要な点が検討できなかったって,何度も書いてある。
(スピーチしてもらいます,という話の前にもIATをしていたのに,データ喪失)
そりゃ残念でしょうけれど。

*

この授業では珍しく,時間いっぱい使って説明されてました
(レジュメもかぁっちりと作られてました=11ページ)。感心なことです。


|

« 07特講-5 | Accueil | 28万の寒い日 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/16944475

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-05:

« 07特講-5 | Accueil | 28万の寒い日 »