« 07特講-7 | Accueil | 性格心理学II-07-7 »

15 nov. 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-07

Attention to Threat in Anxiety-prone Individuals:
Mechanisms Underlying Attentional Bias

「不安傾向者の,脅威情報への注意:注意バイアスのメカニズム」

(こっそり追記:2007.12.23)

阿部さん担当。

高特性不安者における,脅威刺激と普通刺激に対する注意バイアスを,
visual dot probe taskのネガティブプライミングバイアスによって検討する。

注意バイアスの研究で,議論のあるところは以下の2点。
A. 注意バイアスの基盤となるメカニズム
  A1:注意の方向の偏り(高不安者は引きつけられ,低不安者は避ける)
  A2:注意機能のシフト(いずれも注意は引きつけられるが,高不安者はシフトできない)
B. 注意のコンポーネント
  shift, engage, disengageっていうやつ。

刺激はIAPSで,visual dot probe task。
脅威刺激vs.普通刺激。
congruent vs. incongruent。

結果は...ちょいと複雑ですが,
反応潜時を従属変数とする,脅威価×congruency×特性不安の3要因ANOVA。
→1) 脅威刺激に対するポジティブな注意バイアス(注意が「向く」)
  2) 高特性不安者のポジティブな注意バイアス

注意のコンポーネントのどこに?
→1)' incongruent脅威刺激に対するdisengagementの困難
  2)' (高特性不安者)上と同様,incongruent脅威刺激へのdisengagement困難

|

« 07特講-7 | Accueil | 性格心理学II-07-7 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/17081749

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-07:

« 07特講-7 | Accueil | 性格心理学II-07-7 »