« 心理臨床に必要な神経心理学的知識07 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-07 »

15 nov. 2007

07特講-7

4限,今学期のみの授業なので最終回。

18章 神経科学を通してクライアントとコミュニケートする
19章 伝統的"療法"を統合する((...神経科学的視点で))
20章 抑うつへの介入への神経科学の適用
を駆け足でやっていただき,

21章 神経科学と心理療法:将来への前進

17章 セラピストの神経科学
は「家庭学習」ということになりました。

このあたりにきてようやく面白さがアップしてきたところですが...
とにかく今回で今期は終了。
そして来期以降はこれに相当する授業を担当する予定がありません。

レジュメを作ったりレジュメを読んであれこれ考えた(はずの)受講生の皆様はお疲れさまでした。

少しばかり,neuroscientificな視点というか視線というかが増大して,
頭の中のネットワークの片隅に置かれましたらうれしゅうございます。

|

« 心理臨床に必要な神経心理学的知識07 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-07 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/17081708

Voici les sites qui parlent de 07特講-7:

« 心理臨床に必要な神経心理学的知識07 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-2-07 »