« 本日の卒論指導におけるホワイトボード使用状況 | Accueil | 卒論査読 »

20 déc. 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-3-03

Fear of Blushing: The Role of the Expected Influence of Displaying a Blush
on Others’Judgements

赤面恐怖:他者の下す評価に,赤面を示すことで期待される影響の役割

田口さん担当。

赤面恐怖者はなぜ赤面をおそれるのか
 ←通説:赤面に対する他者からのネガティブな評価を過剰に見積もるから?★
 ←しかし,状況によっては,赤面することのポジティブな効果も知られている
   (状況の深刻さを低下させる)

de Jong & Peters 2005という先行研究では,高赤面恐怖群の主効果は見られなかったわけだが,
そいつはおかしい→この研究ではふたつの問題点があった→それを修正して再度検討。
という流れ。

社会的状況(失敗場面・曖昧場面)×赤面状況の明示(している・していない)
の4条件のビネット(小話)を提示し,100mmVASスケールで
1) 観察者が評価するであろう,登場人物(であるところのあなた)の故意性
2) 観察者が評価するであろう状況の深刻さ
3) 観察者が評価するであろう評価そのものの信頼性
4) 観察者は登場人物(であるところのあなた)への好意度
を評価した。

それを,multi-level regression analysis(でstepwise)というちょいと高級な分析手法で分析。
 (なんでもその日,院生対象の統計の授業でやっていたとか)

回帰式でベータが有意であったのは,
1) 状況の主効果(正),登場人物の赤面の有無×回答者の赤面傾向の交互作用(負)
  ...赤面傾向の高い回答者は,赤面することで故意性の評価が低くなると思っている
2) 登場人物の赤面の有無×回答者の赤面傾向の交互作用(負)
 ...赤面傾向の高い回答者は,赤面することで状況の深刻さの評価が低くなると思っている
3) 状況の主効果(負),反応の主効果(正)
  ...回答者の赤面傾向にかかわらず,赤面することは他者の評価をポジティブにすると思っている
4) 登場人物の赤面の有無×回答者の赤面傾向の交互作用(正)
 ...赤面傾向の高い回答者は,赤面することで好意的に評価されると思っている

つまり,
赤面傾向・赤面恐怖者は,赤面することのポジティブな効果を(非赤面恐怖者よりも)期待している,
(ネガティブに考えていない)
ということになり,
★の仮説からすると妙な結果となってしまった。

 *

「問題と目的」「考察」があれこれ長く(思った通りの結果でなかったからしかたがない),
議論が複雑で,そのうえ英語もちょいと読みにくい感じで,難儀な論文でした。

 *

26日までは授業期間で27日から年末年始休業ですが,
確認すると,私にとっては年内の最後の授業でした。

|

« 本日の卒論指導におけるホワイトボード使用状況 | Accueil | 卒論査読 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/17433339

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-3-03:

« 本日の卒論指導におけるホワイトボード使用状況 | Accueil | 卒論査読 »