« S.W.I.びれない | Accueil | 29万と▲地点 »

11 déc. 2007

"衝動的"統計的分析作業

卒論生に(途中休憩を交え)4時間弱おつきあいして,

因子分析して相関分析して重回帰分析してZ得点化して"階層的重回帰分析"。
を,異なるデータでほぼ2回繰り返す。
結果をみてこんなかんじだよねと確認しながら進める。
もう今日でSPSS様と「95%さようなら」できるだろう。
多変量解析系。
ふー。

残るは,某experimental taskのいくつかの指標に基づき群分けして,
t検定(or ANOVA)を,念のため。
宿題。


卒論で階層的重回帰というのは初めてかしら。交互作用項を投入するような。
そんなに難しい作業じゃないけども,ちょっとした思考の拡張が必要で,
2要因分散分析との対比で教えると納得されやすいですね(当然か)。
...結果的には,あまり交互作用項を投入することのメリットはなかったのだが,
 研究目的に即して統計的分析手法を選択すると,これがベストだったもので。

 *

CPTってほんとに衝動性のなにごとかを測定できているんだろうか
(逆に,BIS-11のような質問紙はどの程度衝動性をとらえているんだろうか),
というのが,今日新たに芽生えた疑問。
衝動性の多様性ということが,再確認された論点→Varieties of impulsivity.

|

« S.W.I.びれない | Accueil | 29万と▲地点 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/17346570

Voici les sites qui parlent de "衝動的"統計的分析作業:

« S.W.I.びれない | Accueil | 29万と▲地点 »