« 080128[mz3]パーソナリティと個人差,44-4(臨床系) | Accueil | 平成20年度卒論折衝第九案件 »

28 janv. 2008

080128[mz3]結局のところ,自分に似た性格の教員が好き,と大学生は思うらしい

080128[mz3]-5 personality; lectureres; preferences; learning approaches; university
Birds of a feather: Students’ preferences for lecturers’ personalities
as predicted by their own personality and learning approaches

「望ましい大学教員(の性格)像」と大学生自身の性格・学習スタイルとの対応関係を調査。
大学生自身はNEO-FFI(という性格検査),
望ましい大学教員像質問紙はNEO-PI-R(FFIの親分)を改変して使用。

 ・ 教員のN(情緒不安定性)の高さは望ましくなく,C(誠実性)の高さは望ましいとされる。

 ・ (Nを除き)自分の性格と教員の望ましさの側面は対応している。正の有意な相関。
   とりわけ,O(開放性)とCにおいて。

 ・ 望ましい教員のN・E(外向性)・O・A(調和性)・C特性を従属変数とする,階層的重回帰分析
   投入されたのは(1.教員の年齢・性別)→(2.自身の性格)→(3.自身の学習スタイル)。
   結果として,大学生自身の性格は教員のN・E・O・A・Cすべての,学習スタイルはNとAにのみ
   有意なΔR-squaredを示し,望ましい教員のN・E・O・A・Cの程度を説明していた。

birds of a feather = 「るいとも」,類は友を呼ぶっていう意味なんだそうだ。

 ・ 万人受けする教師などは存在しないっちゅうことで。
   あまりにもあたりまえのことだと思うんだが,
   よのなかではそのようには考えてもらえないようで...

 ・ いずれシラバスに掲載すべき事項として,「教員のNEO-FFIプロフィール」,
   が含まれることになるかもしれない
   ...そんなわけないか。

 ・ なんとなく気分的にくやしいので,
   「望ましい大学生(の性格)像」大学教員自身の性格
   (と大学教員の学習スタイルも??)との対応関係を調査して,
   学術的な(決して感情的な,ではなく)均衡を回復することを,学術的に試みてみようかしら。
   時間があれば。
    → 近年流行の, ふぁかるてぃでぃべろっぷめんと の一環などと称して,どうだろう(笑)

|

« 080128[mz3]パーソナリティと個人差,44-4(臨床系) | Accueil | 平成20年度卒論折衝第九案件 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/17873843

Voici les sites qui parlent de 080128[mz3]結局のところ,自分に似た性格の教員が好き,と大学生は思うらしい:

« 080128[mz3]パーソナリティと個人差,44-4(臨床系) | Accueil | 平成20年度卒論折衝第九案件 »