« 平成20年度卒論折衝第三案件と卒論折衝第四案件 | Accueil | 【鉄則14】卒論の出来は問題を絞ることができたかで九九%決まる。 »

21 janv. 2008

この時期えらい先生に

・呼び止められると「来年度の役割分担」の話になるので,
 外出時はできる限り変装して隅のほうを移動し,息を潜め気づかれないようにしたい
 (ヒゲ剃るとかしたら,それなりの効果はあろうか)。
 なるかならないかのイチゼロの問題ではなく,
 AかBかの選択問題,またはCに加えてDの累加問題のいずれか。

・聞かされるのは,組織の数が多めなので,それに伴って「えらい人」がああなるとかこうなるかも,の話。
 これは下っぱには直接関係ないようでいて,間接的にはけっこう関係があったりする。
 だって,下されるお仕事の指令の量と,「お断りできる可能性」を左右するから。
 (会議の時間見積もりも,だいぶかわってきますわな)

・私自身も過去現在あれこれの学内諸委員会任務をおおせつかってきておりまして,
 あれこれの「タグ」付けをされているようなところがあり。
 必ずしも現在任務遂行中のタグでなく,その方がご存じな,過去のタグをたよりに
 「お問い合わせ」いただくこともある。
 1ヶ月前の卒論提出もたいそう過去の話のような気がしているほどなのに,
 いわんや昨年度までの委員会業務をや
 (このblogにも,大事なことは書かないようにしている=外部記憶化していないことだし)。
 

 

|

« 平成20年度卒論折衝第三案件と卒論折衝第四案件 | Accueil | 【鉄則14】卒論の出来は問題を絞ることができたかで九九%決まる。 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/17778411

Voici les sites qui parlent de この時期えらい先生に:

« 平成20年度卒論折衝第三案件と卒論折衝第四案件 | Accueil | 【鉄則14】卒論の出来は問題を絞ることができたかで九九%決まる。 »