« 心理学セミナーピンチヒッター | Accueil | さらに負債を半済 »

07 févr. 2008

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-3-07

Cognitive Vulnerability to Depression and Axis II Personality Dysfunction

抑うつとII軸人格障害の認知的脆弱性

佐藤さん担当。

抑うつと(いくつかの)人格障害は併存する傾向があることや,
人格障害を併発すると,抑うつの予後が不良になる傾向があることが,先行研究によって
指摘されている。
→ということは,なんらかの共通する認知的脆弱性が存在する可能性がある。
抑うつ研究の領域では,
非機能的態度(Beck),絶望感理論によるネガティブな帰属スタイル(Abramson,Metalsky,Alloy),
反すうスタイル(Nolen-Hoeksema)などがある。
これらと,(現在の)抑うつの程度と,過去の抑うつ経験,そして人格障害傾向を測定して
これらの関係を整理する,というのが目的。
いくつかの論文が出されている,CVDプロジェクトの一環。

ロジスティック回帰分析やMANCOVAなどちょいと高級な統計手法を用いたりして,
1) 認知的脆弱性は,人格障害傾向と有意な関連があり,
2) 認知的脆弱性は,クラスタAの妄想性,統合失調型,クラスタBの演技性,自己愛性,
  クラスタCのすべて(回避性,依存性,強迫性)と関連があり,
  反すうスタイルは,クラスタBの境界性,クラスタCの強迫性との関連が見いだされた。

 *

「抑うつの認知的脆弱性」として研究されてきたことがらが,
「人格障害の認知的脆弱性」でもある,ということになると,
では抑うつに特異的な/人格障害のそれぞれに特異的な認知的脆弱性は?
という話になるような気がするんだけど。そういうことはあまり論じられていなかった。
研究のしすぎは諸刃の刃的なところがあるんじゃないかと。

でも考察はキビキビと抑制のかかったシンプルな文章で,そういうところは見習える。

 *

3年生は,やはりというかなんというか,“人生的用務”によって欠席者多し。
来週の担当者も欠席だったが...よろしくお願いします。

|

« 心理学セミナーピンチヒッター | Accueil | さらに負債を半済 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/40046213

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-3-07:

« 心理学セミナーピンチヒッター | Accueil | さらに負債を半済 »