« 080213[bx2]遠い将来 vs. 近い将来 | Accueil | 遂行機能障害のレクチャー(その1) »

13 févr. 2008

080213[bx2]感情的柔軟性と扁桃体

080213[bx2]-2 amygdala; valence; fMRI
Affective Flexibility: Evaluative Processing Goals Shape Amygdala Activity

有名人の名前を呈示し,
1)全体的な良い/悪い判断,2)良い面の判断,3)悪い面の判断
を行うという課題を遂行中の,扁桃体の活動を見る。その結果,
 1) いずれの名前を呈示しても活動がみられる
 2) 良い名前の人物(マザーテレサとか)の良い面を判断しているとき活動がみられる
 3) 悪い名前の人物(パリスヒルトンとか)の悪い面を判断しているとき活動がみられる
つまり,遂行中の課題の種類×判断対象人物のよしあし,の交互作用的効果がある
 → 「誰の」「どういう側面をみているか」によって扁桃体の活動はモジュレートされる。

※ただし"negativity bias"があって,良い人物でのモジュレートのされ方が大きい,とのこと。

|

« 080213[bx2]遠い将来 vs. 近い将来 | Accueil | 遂行機能障害のレクチャー(その1) »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/40106785

Voici les sites qui parlent de 080213[bx2]感情的柔軟性と扁桃体:

« 080213[bx2]遠い将来 vs. 近い将来 | Accueil | 遂行機能障害のレクチャー(その1) »