« 来年度の卒論指導は5名 | Accueil | 心理学方法論(人間)07-2 »

16 févr. 2008

第27条や第30条や第5条や第120条で結局第128条

日本国憲法第27条に規定された義務を負ったことにより発生するところの
第30条に規定された義務を過不足なく負うための計算をしてみる。

所得税法
第1編第2章第5条の義務,
第2編第5章第2節第1款第120条で「しなければならない」とされていること。

要するに,所得税の確定申告です。

手引きに従って,電卓片手に
足し算と掛け算と引き算(私の場合は,割り算「÷」出現せず)。

申告納税額は○31欄に(32欄ではなく)....→第128条(138条ではなく)。
平成18年分と比較すると減額されましたが
定率減税廃止されなければねぇ。

|

« 来年度の卒論指導は5名 | Accueil | 心理学方法論(人間)07-2 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/40141106

Voici les sites qui parlent de 第27条や第30条や第5条や第120条で結局第128条:

« 来年度の卒論指導は5名 | Accueil | 心理学方法論(人間)07-2 »