« 完全なるダブルブッキング | Accueil | 心理学方法論(心理)07-2 »

20 févr. 2008

遂行機能障害のレクチャー(その2)

先週の続き。

WCSTとかハノイの塔(ロンドン塔)とかティンカートイテストとか,
何かモノを要する系の遂行機能課題
(ああ,トレイルメイキングを忘れた)の説明。

その後,話は底面の方に移動しまして,
性格変化とか行動異常とか,FTDとか,そのあたりに関連する話。
→アイオワギャンブリング課題に到着。

最後に,内側。
「ここに特異性の高い検査課題はない!」(ですよね??)
「意」の部分の制御とかコントロールとか(低下,だけじゃなく亢進もあるでしょうから)。

   ⁂

課題が複雑なものは,パソコンを利用することで検査者側の負担を軽減することになる
(WCSTとかIGTなんて,オリジナルにやると検査者側がほんとにmultitaskingで,
 あたかも「検査者の遂行機能」状態を測定されているようなものですから)。
でももしかすると,被検者側の負担感を増すことになるのは注意しなければならない。

executive function の話をしていると,どうもお説教じみてきてしまうのが難点。

しかし。

...話を聞いている側のとらえ方(思考と行動)次第だ,ということもある(=個人差が大きい)。

...お説教されているように思えるということは,自己の状態や状況を把握できているということだから,
 メタ認知能力が高い(=遂行機能状態が良好な '徴候' ,insight があるというか),
 とポジティブなフィードバックもできる。

|

« 完全なるダブルブッキング | Accueil | 心理学方法論(心理)07-2 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/40194198

Voici les sites qui parlent de 遂行機能障害のレクチャー(その2):

« 完全なるダブルブッキング | Accueil | 心理学方法論(心理)07-2 »