« 検定試験監督,被験者,推敲支援 | Accueil | 080223[mz3]CEOの顔と企業収益 »

22 févr. 2008

『合コンの社会学』を読んでみた

これまでの人生でただの一度も合コンとやらに行ったことがないもので★
(かなりの高確率で,これからも行かないだろう(し,もう行ってはいけないのだろう))
未知なる世界・想像上の世界であったわけですが,
合コンの社会学』,
おもしろく読みました。

しかし。
さすがに買うかどうかに関して逡巡がありました@書店...

それで。
第5章くらいまでですね,私が気を引かれるのは。
相互行為儀礼とか,解釈と誤解とか,序列と偽装とか,パフォーマンスとか,戦術・戦略とか,
キャラを演じるとか...
(社会構造や社会変動とやらに絡むマクロな?お話につなげられると,どうにも興味減退)

 *

近頃「方法論」と名のつく授業をしているのでそういう観点から見てしまうけど,
  非構造化面接
  質的研究法
     →   めざすはリアリティ構成
          (推測統計はおろか記述統計もなしで)...路線。
なるほどなぁ(ちょっと違った・新鮮なものの見方)と思う部分と,
ほんとうにそうなの?(そこまで言っていいの?)と思う部分があり。

だからこそ。
「それではこの社会学的研究をさらに"心理学的研究"として展開させることを試みるとして,
 1) 検証すべき仮説をひとつ特定したうえで,
 2) どのような方法を用いてどのように研究を行うことが考えられるか,述べなさい。」

と出題したら,
「方法論」の試験問題としてはけっこう良問だと思う。
もちろんこの本を読んだことが前提になってしまうので,
実際にはこのようには出さない/出せないけれどもね。

 *

ちなみに。
「大学院生」は,「名も知らない会社のOL」とともに,明記された「不利な」階層であり,
「下位に位置づけられた彼ら彼女ら」
「競争のうえではハンデを背負わされている」
「スケープゴートたち」
(p. 69)
などという扱いです。

がんばれ諸君!
 
 *

ところで。
★部分を肯定的にとらえるか否定的にとらえるかは,微妙なところだ。


|

« 検定試験監督,被験者,推敲支援 | Accueil | 080223[mz3]CEOの顔と企業収益 »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 『合コンの社会学』を読んでみた:

« 検定試験監督,被験者,推敲支援 | Accueil | 080223[mz3]CEOの顔と企業収益 »