« 31万と雪霙雨 | Accueil | 080203[mz3]マテリアリズムと生活満足感 »

03 févr. 2008

『だから対敵動作の基本は「来たものはすべて個別化する」ということです。』

...「敵」のリストを際限なく長くしていくと、何が敵だかよくわからなくなってしまいます。
とりあえず風邪を治すとか、家庭争議を収めるというのと同じで、「敵」というのは
カテゴリーではなく、具体的な状況なわけです。個別的なんです。
だから対敵動作の基本は「来たものはすべて個別化する」ということです。...

養老孟司・内田樹(2007) 『逆立ち日本論』,p.30,新潮社.

市立図書館で借りてみた。

ファーストオーサー(第一著者)?にはなんの関心もないんだけどね。
実際私は,セカンドオーサーの言葉にしか反応しなかった。

他にもひっかかったところ。

...ぼくと相手とではものが違うわけですから、そのインターフェイスの部分でこちらがあちらに
入り込み、あちらもこちらに入り込んでくる。その接触面であれこれ微調整しながら、自分と
相手の身体を共に含む複雑な構造体をコントロールする方法をみつける。
 そのときに、「どうやって相手の身体能力を下げるか」というふうに問題を立ててはいけないんです。
そうではなくて、「どうやったら複素的身体の能力は上がるか」を考える。
 (中略)
 こういう身体操作はもう正しいとか間違っているとかいうレベルではないんです。とにかく、
もう話は始まっているわけで、与えられた状況でのベスト・パフォーマンスは何だろうという
技術的で限定的な問題に心身を集中する。それは探求的で、けっこう楽しいプロセスなんですよ。...
(p. 152-153)

...でも、師弟関係が等価交換なわけがない。等価交換ということは、師匠の使っている度量衡と
弟子の度量衡が同じということですからね。そんなことは師弟関係ではあり得ない。
師匠の使っている物差しは、こっちのとは全然目盛りの打ち方が違うはずですから、
これだけの教えが対価として受け取れるはずだと考えちゃダメなんです。...
(p. 241)

 *

対談形式はわりと好き。
コトバがいったりきたりすることとか,ズレがあったりするのがいいのかしら。
最近のでは,次はこれあたりかもしれないが,
やはりファーストオーサーには関心があるもののセカンドオーサーにはさっぱり,なので,
買うのをためらっている(また,図書館に入るといいのだけれど)。

|

« 31万と雪霙雨 | Accueil | 080203[mz3]マテリアリズムと生活満足感 »

13. Memorable-REMARKS 【詞】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/17940518

Voici les sites qui parlent de 『だから対敵動作の基本は「来たものはすべて個別化する」ということです。』:

« 31万と雪霙雨 | Accueil | 080203[mz3]マテリアリズムと生活満足感 »