« クラス会とストリートダンス発表会 | Accueil | 32万と花粉症 »

03 mars 2008

080303[bx1]DEXのDIF

080303[bx1]-1 DEX
Analysis of patient and proxy ratings on the Dysexecutive Questionnaire:
an application of Rasch analysis

DEX(遂行機能障害の質問表)の本人評価と家族・介護者評価の違いについて,
92例のデータを用いて分析。

合計の平均点は有意差が認められない。
Rasch model☆と呼ばれる分析手法を用いると,
20項目あるDEXのうち,differential item functioning(DIF)なのは以下の5項目。
 (18) distractibility
 ( 6) temporal sequencing problem
 (19) poor decision making ability
 (17) knowing-doing dissociation
 (13) lack of concern
  ※( )内の数字は項目の番号

☆よくわからないのですが要するに,単純な両者の評定値間差の大きさをみるのではなく,
 「モデルにうまくフィットしない」項目を見いだすための手法のようです。

 つまり,これら5項目に関しては,
 もともと本人の評価と家族・介護者評価が乖離しがちなのでしょう,概念的に。

|

« クラス会とストリートダンス発表会 | Accueil | 32万と花粉症 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/40351918

Voici les sites qui parlent de 080303[bx1]DEXのDIF:

« クラス会とストリートダンス発表会 | Accueil | 32万と花粉症 »