« 学校神経心理08-03 | Accueil | 空気を読む/読めない »

24 avr. 2008

イメージのイメージ

について,機会を与えられ即興的に熱く議論する。
某氏と。
つうか以前からくすぶっている問題。
その整理のような意味合い。

「対象が現前しないときに,その対象を頭の中に想起する」
ことを一般に「イメージする」というわけだが
(vs. 知覚認知)↑認知心理学的な文脈で出てくるイメージのイメージはこれ。
感覚/運動,どのモダリティについてなのかを特定できる。
この観点からは,以下の★☆は「あいまいな感じ」

イメージされる対象が
過去に経験された状況のようなものであるときは,イコール「記憶想起」だけれども,
そう言い換えられないようなときもあり,
再構成なり加工なりなんらかの操作を加えることにより,
過去に一度も経験されたことのないことも「イメージする」ことはできる(想像-創造のイメージ)。★

「対象」と書いたけれども,
その対象自体も具体的なリアルなモノであるときもあるし,
抽象的な漠とした観念のようなときもある。
↑社会心理学的な文脈で多く出てきそうなイメージのイメージはこれ。☆
コト(状況)はその中間?

さあ,今問題にすべきことがらは,いったいどれなんでしょう。
限定的にしないと拡散する。
分割して考えないと次に進まない。

「視点」と「身体感覚」について,ちょろっと考えてみる。
(でも過去に話し合ったことがあるから,想像-創造的ではなく,記憶想起的に)。

★ 何にもネタがなければ想像-創造もできないわけで,
   そう考えると,「過去そのままの内容」と「操作された内容」の比率の問題かもしれない。
☆ どちらかというと「想像-創造的」側な気がするが,これはどうか。

 *

そのときは出てこなかったけれど,

イメージされたことの「イメージ」のどういう側面に注目するか,
 対象(名詞的)なのか
 様態(形容詞的)なのか
あるいはイメージ「する」の仕組み,
 仕様(動詞的)なのか
みたいなことも関係するのかも。

 *

誰かイメージのイメージに詳しい心理学の専門家はいないだろうか。
イメージのイメージに詳しそうなイメージの人を教えてください(笑)。

|

« 学校神経心理08-03 | Accueil | 空気を読む/読めない »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/40982503

Voici les sites qui parlent de イメージのイメージ:

« 学校神経心理08-03 | Accueil | 空気を読む/読めない »