« 080503[bx1]ネガティブなフィードバックによる学習とVMF | Accueil | 34万と(久しぶりの)ハトレ丸 »

03 mai 2008

080503[bx1]CAMBRIDGE gambling taskと島と「良くない結果」

080503[bx1]-3 Cambridge Gambling Task; decision making; vmPFC; insular
Differential effects of insular and ventromedial prefrontal cortex lesions
on risky decision-making

「ケンブリッジの」ギャンブルは「アイオワ」のギャンブルと違って,
当たり外れの不透明性が低く,
その都度「賭ける」「賭けない」の選択ができるようで。

どんな感じかっていうと...

   □□□□□■■■■■   ←白と黒の比率は
   □□□□□□□□■■   ←その都度変わる。

      □     ■

上の10個の四角,白と黒(実際は赤と青)のどこかに「当たり」があるので,
1)白と黒のどちらかを選択してください。
  (白黒比によって,当たり/外れの「確率」は明示されている)

2)(掛け金は装置側が自動で,5種類くらいの金額を表示してくる)
  その金を「賭ける」「賭けない」を選択してください。


このような"Cambridge Gambling Task"を用いて,
腹内側前頭前野(vmPFC)損傷群と島(insular)損傷群とその他前頭前野(dl/vlPFC)損傷群と
健常対照群でギャンブルの様子を比較。

vmPFC群はオッズに対する感受性はあるものの(9:1や8:2と,6:4や5:5では賭け方が変わる),
全般に「賭ける」選択が多い(conservativeではない;特に「5:5のとき「賭ける」」で顕著)。

insular群ではオッズに対する感受性がフラットであり(比率で賭け方があまり変わらない),
トータルで見るともっとも「破産的」になる。
「良くない結果」への感受性ということと島が関係している。

神経科学(神経心理学)的研究において
意思決定に関する研究のオーソドックスな,基本中の基本は,
「ギャンブル」なんです。

|

« 080503[bx1]ネガティブなフィードバックによる学習とVMF | Accueil | 34万と(久しぶりの)ハトレ丸 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/41074320

Voici les sites qui parlent de 080503[bx1]CAMBRIDGE gambling taskと島と「良くない結果」:

« 080503[bx1]ネガティブなフィードバックによる学習とVMF | Accueil | 34万と(久しぶりの)ハトレ丸 »