« 35万と木曜の夜 | Accueil | 4つの用語の変更 »

30 mai 2008

NP-JC/080530

Interpretation of mentalistic actions and sarcastic remarks:
Effects of frontal and posterior lesions on mentalising

"interpretation"AND"social"という検索の結果だそうです。
mentalizing系。「皮肉」を理解する,特に間接的なやつも含めて。
前頭葉病変群 vs. 後方病変群 vs. 健常統制群。(ということで珍しく前vs.後形式の二群分け)
・シナリオを提示して,まず自由反応,ついで選択肢からチョイスして反応,という2段階がある。
・皮肉理解には(やっぱり,なんでも)前頭葉が関連。今回は後方群は成績低下がほとんどない。
 →TPJとかtemporal poleとか,皮肉理解には関係ないか。
・lateralとventromedialはちょっと仕事が違う様子(lesion voxelと課題成績の相関などを検討している)。
 lateralは自由反応に,ventromedialは選択肢からチョイスに(不適切反応を抑制ってこと?)関連。
・「(その言葉には)ウラがある」ことに気づく能力と,適切にウラを理解する能力が構成要素
・(発展)mentalizingにいかほどの「共感」が必要か議論する。それって鍛えられるか,も。
・(発展)皮肉以外の語用論的 and/or 心の理論的言葉遣いをあれこれ。嘘と冗談とか。


Avoidance of emotionally arousing stimuli predicts
social–perceptual impairment in Asperger's syndrome

アスペルガー症候群(AS)と表情認知と視線(アイトラッキング)。
表情認知は,「恐怖」認知が特に低下。反応時間には健常対照群との有意差ない。
「幸福」「驚き」「悲しみ」において,健常対照群より「目のあたりを見ない」。
恐怖表情認知成績と「目のあたりを見ない」度合いには有意な相関がある。
AS群においては,「社会恐怖・社会不安」の程度と,
恐怖表情認知成績や「目のあたりを見ない」ことに有意な相関がある。
・この手の論文では珍しく,多変量的。相関
・目を見ない(で口を見る)のは,やっぱりそのあたりに動きがあるから?
・「扁桃体の過覚醒」というモデルがあるそうだが,それって?
 扁桃体損傷でも扁桃体過覚醒(過活動?)でも「恐怖表情認知低下」があるなら,
 &扁桃体がとりわけ「恐怖」に関係があるというのが正しいならば,
 至適活動量みたいなものがあるってことか?
・(発展)目のあたりを見る量ってのは性別によって変わる,特に相手が好きな異性なら,
 というどこかから入手したという情報を聞く。ほお,そうなんですか。
 どこまでもすれ違うふたり。皮肉な話だねぇ。
・(発展)社会不安障害傾向と「目のあたりをみない」度合いの関係の研究はあるかしらん。

ふたり終わったところで2時間経過。もうおひとりの分は次回にまわすことになった。

 *

3人とも,"Cortex"では関心のある論文がひっかからないんだって。ふーん。

|

« 35万と木曜の夜 | Accueil | 4つの用語の変更 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/41372655

Voici les sites qui parlent de NP-JC/080530:

« 35万と木曜の夜 | Accueil | 4つの用語の変更 »