« 卒業研究第一次発表会臨床領域2008 | Accueil | 学校神経心理08-07 »

21 mai 2008

この図書を推薦しますよ(特別編)

本を推薦しなくてはいけない機会はめったにないのですが,
今日は年に1回定例でやってくる,その日が巡ってきました。
この日のために,毎年どれだけ頭を悩ますことか。

今年度は,2冊。

心理療法におけることばの使い方 つながりをつくるために』(これは恒例)

精神病理学臨床講義』(これは新規に★)

目的がかなり特定されていることと,
「推薦されてその本を読む人」が非常に限定されていることと,
後でレポートを書かなくてはいけないということと,
他の人が選択しなさそうな書籍であることが
選択における制約条件。


★本当のところは,『精神症候学』推薦しますよですが,
いかんせん「レポート」書けないよね...という理由で。

ああ,そのココロ,推薦理由は,もちろん,
お題目としての傾聴とか,
お題目としての共感(的理解)とかへの...ゴニュゴニョ

ということで,そのあたりはうやむやにしたまま
今年度の新歓的行事はつつがなく終了。

 *

なお,その場では公表しなかったですけど,
次点は,『精神医学的面接』。
※verbalじゃなくてvocalだって,最初のあたりに書いてあるよ。
 クリティカルインタレストだって,書いてあるよ。
 そのあたりが,好きなんですな。

今日受信した伝聞情報として,
「セレクトする本がハードボイルド」との評価を,某所より受けているようです。
そうっすか。

|

« 卒業研究第一次発表会臨床領域2008 | Accueil | 学校神経心理08-07 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/41279862

Voici les sites qui parlent de この図書を推薦しますよ(特別編):

« 卒業研究第一次発表会臨床領域2008 | Accueil | 学校神経心理08-07 »