« 研究室断片情報2008.05.27 | Accueil | 延期は残念 »

28 mai 2008

今年度の「身体性能検査」終了

年に一度の健康診断のことです。

いつも,
数値的には体重(BMI),
検査されること自体は「血圧」「採血」がチェックポイントです。

血圧の数値はあとでやってくる結果表でマークがつきそうだな。

採血会場で「これまでに採血後具合が悪くなったことがありますか」と
聞かれるので正直に「はい」と答えると,「それでは横になりながら」と
 簡易ベッドに導かれる → 横になる → 安心 → 何事も起こらない
これでは
リンショーシンリの理論でいうところの"safety behavior"そのものであって,
「採血恐怖」「採血後の破局的認知・イメージ」の不合理性は
いつまでも検証されず,修正されない;それらが正しくないことを学習する機会がない。
...と,いうようなことを頭ではわかっていても,やはり安全にしたいんだな。

 *

ところで,採血恐怖と注射恐怖は関連があるのか?
最近,血液・注射・ケガ恐怖と「嫌悪」の関連を指摘する論文は何本かあるけれど,
自分はあまりそういう風には感じない。
むしろ,「パニック→予期不安」に近い。
そういう学術論文ないかな~

 *

新設の,腹囲を測る(?)メタボ検診は40歳以上らしく。
まだまだ恐怖喚起事項ではありません。

|

« 研究室断片情報2008.05.27 | Accueil | 延期は残念 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/41352495

Voici les sites qui parlent de 今年度の「身体性能検査」終了:

« 研究室断片情報2008.05.27 | Accueil | 延期は残念 »