« 080625[mz1]Behav. Res. Ther., 46-7 | Accueil | ニューロサイコなご相談 »

26 juin 2008

080626[bx1][y]感情プロソディと抑うつと遂行機能

080626[bx1][y]-1 depression; perception of affective prosody; executive function
Perception of affective prosody in major depression:
A link to executive functions?

大うつ病と診断された患者群の感情プロソディ認知の障害。
プロの女優さんが「怒」「幸」「恐」「悲」「ニュートラル」の5つを
発話する/表情で表す刺激を使用。

1)意味的ニュートラル文の感情をこめた発話(聴覚刺激入力)→どの感情かを言語的にカテゴライズ
2)意味的に感情的な文を,
  2-1)その文の表す感情と一致する発話(聴覚刺激入力)→言語的にカテゴライズ
  2-2)一致しない感情で発話(聴覚刺激入力)→言語的にカテゴライズ
3)感情プロソディ(聴覚刺激入力)→3つの表情からチョイス(聴覚→視覚マッチング)
4)表情(視覚刺激入力)→3つの感情プロソディからチョイス(視覚→聴覚マッチング)

健常対照群と比較して,大うつ病群では,
2-1)条件以外で成績の低下が見られ,
また誤反応は(「悲」を除く)「怒」「幸」「恐」「ニュートラル」で多かった。

遂行機能成績との関係を検討するために,群ごとに
感情プロソディ課題と遂行機能(WM,TMT-A/B,Stroopのあれこれの指標)との
相関を求めたところ,
大うつ病群では2-1)条件を除く課題成績とすべての遂行機能が有意な相関関係を,
健常対照群では2-1)条件の課題成績とStroop(文字読み-色名呼称の時間差)のみ
有意な相関関係を示した。

ということで,うつ病における感情プロソディ理解と遂行機能に関連がある,という結論。

発話内容とプロソディの間がincongruentな時には遂行機能が要求され,
そのために遂行機能低下が絡んでくる,というモデルが
Fig. 2. に示されている。

 *

そうだよね。
私の最近の「外でのお仕事」にちょっと関係する内容と方法なので,詳し目に。

|

« 080625[mz1]Behav. Res. Ther., 46-7 | Accueil | ニューロサイコなご相談 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/41650812

Voici les sites qui parlent de 080626[bx1][y]感情プロソディと抑うつと遂行機能:

« 080625[mz1]Behav. Res. Ther., 46-7 | Accueil | ニューロサイコなご相談 »