« 080609[y][bx2]anorexia nervosaの自己身体像/他者身体像処理の違い | Accueil | 080610[bx1]肥満の神経心理学 »

09 juin 2008

心理学基礎実験-2008A

今期4班目。雨も降る。終わり頃には晴れ間ものぞく。

今日の相関は Nと(安田・佐藤の)BIS1,r = .807, p < .01
(こういうのを鉄板と称する)

そろそろ慣れていたせいか,時間的には今期最短で終了した
(なんか盛り上がりに欠けていた?!)。

いつもと違うとところは
(事後的に分析して明らかになったのだが),
NEO-FFIの5因子間の相関に,どこにも*や**がついていないこと。
これはこの人数規模の,ここ数年の実習経験からは,かなり珍しい事態。
(値としては,EとCが r = .548, p = .065 の「有意傾向」ですが)

その後の分析(重回帰分析)も,
「書けることが少なすぎて」苦労しそうです。

|

« 080609[y][bx2]anorexia nervosaの自己身体像/他者身体像処理の違い | Accueil | 080610[bx1]肥満の神経心理学 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/41481725

Voici les sites qui parlent de 心理学基礎実験-2008A:

« 080609[y][bx2]anorexia nervosaの自己身体像/他者身体像処理の違い | Accueil | 080610[bx1]肥満の神経心理学 »