« juin 2008 | Accueil | août 2008 »

55 posts pour la période juillet 2008

31 juil. 2008

フィールドワーク

あまりに日焼けしているせいか(まあ,たしかに),
某先生に「研究者らしからぬ日焼けのしかたですね」と揶揄される。
そして「フィールドワークをしてきた」ことにするようにと,ご指導を受ける。

なるほどね。ものはいいよう。

Lire la suite "フィールドワーク"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

準備委員会7月最後の

17時半から21時まで学会の準備委員会。
(その準備,自分の担当分は十分にできていなかったわけだが...)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

大学説明会のお役目

午後のプチ講義と,トーキングルームに出席する。

プチ講義は,使ったことのない部屋で,あろうことかプロジェクタがうまく使えず
あたふたと(まるでお約束のようだ)。
なんとかしゃべりたいところはしゃべり終える。

トーキングルームは,10人くらいの高校生の皆様(や数人の在学生)と楽しくおしゃべりしました。

Lire la suite "大学説明会のお役目"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

30 juil. 2008

戻ってきました

今日山口からこちらに戻ってきました。
今日はこちらは,比較的涼しいのですよね?!

...あれこれ仕事がたまりまくり。なんと大学に来てしまった。

ともあれ
明日午後は,大学説明会でのお出番と,
学会の準備委員会(←その前に話においつかねばならず,さらに資料作成とか)。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29 juil. 2008

関門海峡のあちらとこちら

下関で少し観光。
門司で少し観光。

今日は福岡県に初宿泊(門司港ホテル;凝ったデザイン)。

こちらは門司で、あちらが下関。

Lire la suite "関門海峡のあちらとこちら"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

28 juil. 2008

川棚温泉

という所に宿泊。
川棚グランドホテルというところですが、キャッチフレーズは劇場旅館だそうです。なんのこっちゃ。
種田山頭火の詩があちこちに。
イタリア料理が大変おいしゅうございました。

申し遅れましたが「今日からが3日間連続で取得可能な」夏季休暇でございます。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

角島へ

角島へ
この橋を渡ってつのしまに来ています。

Lire la suite "角島へ"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27 juil. 2008

泳ぎ、観光し、釣りをする

泳ぎ、観光し、釣りをする
菊ヶ浜で泳ぎ、松下村塾などを見て、その後海釣り(釣れず)。

Lire la suite "泳ぎ、観光し、釣りをする"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26 juil. 2008

萩一輪

萩一輪
という宿です。
景色はこのような。

Lire la suite "萩一輪"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

秋吉台を通って萩へ

秋吉台を通って萩へ
宿に着きました。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

秋芳洞その2

秋芳洞その2
出るところ。
涼しかった。夏は洞窟がいいですね

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

秋芳洞

秋芳洞
入るところ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

うべ

080726_121046

到着

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25 juil. 2008

080725[mz3]魅惑的な異性の行動を模倣「しない」

080725[mz3]-2 mimicry; relationship maintenance; roantic relationships; self-regulation
Mimicking Attractive Opposite-Sex Others:
The Role of Romantic Relationship Status

一般に,意識せずに相手の行動を模倣すること(ミラーリング)は社会的な機能があるとされていて,
良好な関係を形成する方向に効果がある,とされている。

しかし,特定のromantic partnerが既に存在する場合には,
その人とは別の魅惑的な異性の行動を,
あまり模倣しないようにしているらしい,
ということを示した論文。3つのスタディからなる。

つまり,
「模倣しないこと」とはすなわち,
既に存在する特定のパートナーとの「関係維持のため」になされる,
微妙かつ自動的になされる自己制御機能のひとつである
(「あらたに良好な関係を形成しない」方向に作用する),
という解釈。

Lire la suite "080725[mz3]魅惑的な異性の行動を模倣「しない」"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

080725[mz3]自己愛と接近/回避動機と衝動性

080725[mz3]-1 narcissism; approach; avoidance; impulsivity
On Being Eager and Uninhibited: Narcissism and Approach–Avoidance Motivation

自己愛とは,イコール接近動機が高く回避動機が低いことと言い換えられ,
それらによって,
自己愛とfunctional impulsivity/dysfunctional impulsivityのつながりを説明することができ,
overt narcissismとcovert narcissismを弁別可能である。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24 juil. 2008

因子分析の学習のような研究

暑くてかないませんな。

そんなときは涼しい部屋で,統計的処理三昧。
先日,ようやくデータ入力が完了したものですから,昨日今日はあれこれと。


Lire la suite "因子分析の学習のような研究"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22 juil. 2008

本部棟へ参内

午後。
月に一度の会議に出席する。
審議事項少なく報告事項多し(いつもそうだが,今回は特に)。

そして会議終了後,5階から7階へ階段を上って
毎年恒例の「プール割引券」を購入する
(これまでは,このためだけに年1回の「本部棟詣で」だったのですが)。

砂沼サンビーチや水郷プールでお会いしましょう。
今年はいつ行けるのやら。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

メガネ破損

左のツルのねじが抜け落ちただけですが。

裸眼なワタクシ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

大々的な部屋のお掃除お片付けその2

「研究室のみなさんにお力添えいただいて,
某棟某室の大々的なお掃除を行いました。」(6/30

の,第2段。

今回はお掃除というより廃棄作業。
機器類と,大型 and/or 重量物を。
思ったよりスピーディーに終了。

部屋はスッキリ。
しかし,汗だく。

Lire la suite "大々的な部屋のお掃除お片付けその2"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21 juil. 2008

080721[bx2]美徳と悪徳

080721[bx2]-1 blameworthiness; praiseworthiness; moral
Neural Correlates of Human Virtue Judgment

社会規範からの逸脱・道徳的堕落→ネガティブな道徳的感情,だけではなく,
美徳・善→ポジティブな道徳的感情の認知・評価を,fMRIで検討。
 →前者はSTS後方,後者はOFCと関連。
  →→美徳と悪徳の認知・評価は,別々の脳領域が関与している。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

080721[mz3]パーソナリティと個人差, 45-5

080721[mz3]-1 perfectionism; depression; social disconnection model; social support
Social support as a mediator of the relationship between
perfectionism and depression: A preliminary test of
the social disconnection model

社会規定的完全主義→社会環境からの分離→抑うつ症状,という因果モデルの検証。


080721[mz3]-2 task-switching; spider fear
Doing the unpleasant:
How the emotional nature of a threat-relevant task affects task-switching

「背番号付きのクモ」が提示される刺激。
クモのテクスチャ(毛むくじゃら/なめらか)か,背番号の偶数/奇数を答える課題だが,
それが課題中にスイッチされる。
→クモ恐怖者において,engagementは促進されかつdisengagementが減速。


080721[mz3]-3 facial hair; stubble; beard; attravtiveness
The effects of facial hair manipulation on female perceptions of
attractiveness, masculinity, and dominance in male faces

男性の「ひげ度」をシステマティックに5段階に変えたときに,女性の評価があれこれどう変わるか。
※変えてみようか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

080721[mz1][bx2]アレキシサイミアと身体症状

080721[mz1][bx2]-1 alexithymia; sensory and motor cortices; PET
Cortical activation in alexithymia as a response to emotional stimuli

大学生で,高TAS-20得点群(アレキシサイミア群)と低得点群(非アレキシサイミア群)を
設定し,ニュートラル・楽しい・悲しいビデオを視聴している最中の脳活動を測定(PET)。

アレキシサイミア群は,感覚運動皮質の活動が相対的に高く,帯状回前部の活動が低い。

ってことで,アレキシサイミアと'psychosomatics' symptomsとの関連に示唆。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

080721[y][bx2]統合失調症と恐怖表情認知

080721[y][bx2]-1 schizophrenia; fearful facial expression; extrastriate
Facial fear processing and psychotic symptoms in schizophrenia:
functional magnetic resonance imaging study

恐怖表情のimplicit認知と脳活動(fMRIスタディ)。
(先行研究にみられるような)扁桃体とPANSSのpositive scoreとの相関は有意ではなく,
左上側頭回の活動とPANSSのnegative scaleは有意であった。

恐怖表情っていうとすぐ扁桃体に結びつけやすいが,
統合失調症群にみられる恐怖表情認知障害のunderlying mechanismは
そうではない可能性を示している。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

080721[mz1]Behav. Res. Ther., 46-8

080721[mz1]-1 social anxiety; attentional bias; dot-probe paradigm
Continual training of attentional bias in social anxiety

社交不安傾向の高い人々に,
ドットプローブ課題でポジティブ表情へ注意を向ける「トレーニング」を行うと,
SIAS(Social Interaction Anxiety Scale)は低下する効果がみられた
(が,SPS(Social Phobia Scale)とFNE(Fear of Negative Evaluation)のスコアは低下せず)。


080721[mz1]-2 EMDR
How eye movements affect unpleasant memories:
Support for a working-memory account

EMDRはなぜ不快な自伝的記憶の鮮明さや情動性を低下させる効果があるのかの
実験的研究。3つのメカニズムの仮説を検証するスタイル。
× investigatory-reflex account,× interhemispheric-communication account,で
○ working-memory account。


080721[mz1]-3 social anxiety; crowds; approach-avoidance; interpretation
Social anxiety and evaluation of social crowds:
Explicit and implicit measures

12人の顔写真からなる「観衆・群衆」が呈示されるが,それは
「ニュートラル顔-怒り顔」,あるいは「ハッピー顔-怒り顔」が混合されている。比率はあれこれ。
それを見て,ジョイスティックをあちらに倒すと小さく(=遠くに),
こちらに倒すと大きく(=近くに)表示されるしかけになっている。
社交不安傾向の高い人々は,「ニュートラル-怒り」では,
怒り顔率が高いと素早くジョイスティックをあちらに倒し(=回避行動),
「ハッピー-怒り」では,怒り顔率にかかわらずあちらに倒す。


080721[mz1]-4 defeat; memory
An investigation of aspects of the cry of pain model of suicide risk:
The role of defeat in impairing memory

失敗経験が,(それに付随するネガティブな気分とは独立に)
直接的に後の記憶再生を低下させることの実験的研究。
そういうのを'Cry of Pain model (of suicide)' というらしい。


080721[mz1]-5 depression; dysphoria; prospective imagery; positive imagery
Prospective and positive mental imagery deficits in dysphoria

dysphoricな人々は,ネガティブなのはイメージできるが,ポジティブなイメージを浮かべにくい。
(そうでない人は,ポジティブなイメージとネガティブなイメージの鮮明さが正の相関を示すが,
 dysphoricな人々の場合は,そうならない)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20 juil. 2008

『大学の実力 「教育力向上への取り組み」』調査というやつ

よく調べましたな。
読売新聞で今日明日掲載されるようです(今日は東日本)。

よく調べたというのもありますが,
よく答えたな,という方も;大学の担当者が。

だって
学生数/定員数 とか(定員割れを公表することにメリットはないでしょう),
標準修業年限卒業率 とか(理由はいろいろあるでしょう),
退学率 とか(こっちも理由はあれこれあるでしょう),
そういう数字がばっちり出てるもんですから。

こういうのって,よその大学のことはもちろん,
内部にいても自分のところのこと,あまり知らないものでして。

Lire la suite "『大学の実力 「教育力向上への取り組み」』調査というやつ"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18 juil. 2008

NP-JC/080718

Spontaneous confabulations, disorientation, and the processing of ‘now’

自発的作話の生じるメカニズムを探るために,2つの「時間」課題のパフォーマンスを
検討した。「時間」の長さの比較課題と,時間経過イメージ課題。
作話患者群は,非作話患者群・健常対照群にくらべ,いずれも成績が低下していた。
※目的とタスクの対応がいまいち謎。
 「今」と「今より前(過去)」の区別の問題をとらえようとしているらしいのだが。
※作話に関わりなく,この課題自体はやってみたいという感想。
※この現象を説明するための「モデル」が示されていて,それが興味深い。
 そのモデルを言葉で説明するのは難しいのだけれど,課題遂行中,時間経過に伴って
  「健忘症」ではある程度保たれるべき記憶痕跡が速やかに消失・活性の低下,
  「作話症」ではある程度弱まるべき記憶痕跡が消えない・活性が持続してしまう
   (「健常」は,その中間状態),という感じ。
 プライミング課題のパフォーマンスでさらに検討できそう?
※作話の生じるメカニズムはこのように,neuralな/cognitiveなものでいわば「自動的」なのか,
  それともpsychologicalな,意図的なのか,議論される。
※大学院の「病態心理学特講」は,このあたりのことをしようか;英文テキストで。
※intrusionとの関連が知りたかったらしいが,モデルは使えるか。



When left becomes right and vice versa: Mirrored vision after cerebral hypoxia

鏡像書字(文字が鏡文字になる,左→右ではなく,左←右に書き進める),
+鏡像読字(正像文字よりも鏡文字の方が速く正しく読むことができる)
現象という珍しい症状を呈した,症例PR(33歳女性)のケーススタディ。
さまざまな課題遂行中の眼球運動を測定することで,これらの症状のメカニズムを考えよう。
文章読み・時計読み・視覚的探索課題・文字読み・反射的サッケード,などなど。
「知覚レベルでの逆転した視野」という仮説を支持するような(次回へ続く)
※不思議な症状を呈する症例の症状をよく分析し,メカニズムを追究するという,
 神経心理学の真骨頂とか醍醐味をよく伝える論文。皆興味津々。
※「左右反転眼鏡」かけてみればいいんじゃね?
※タスクの一部はこれにも関係しておりますので,それっぽく説明。
 単語の一括反転と,文字のくるくるたくさん反転はしくみが違うのでは。
 (このイメージング研究のねらいは,習熟に伴う活動の変化でした)
※ピアノを習っているとちょっと変わってくる(経験的に)?
  →総合科目でやる『「左脳」「右脳」話』に関連。
※ひらがなならいたての子どもは,
 不意に突然鏡像文字を挿入することがあることの自己経験吐露。


来週は休みで,次回は再来週。8月だよもう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17 juil. 2008

30000回ほどキー押し

最近ちょっと研究シフト(というか9月上旬の学会裏方仕事からの逃避的行動として)

質問紙データを入力する作業

を並行して,してみたりしている(7月31日大学説明会プチ講義にも使用予定)。

1枚70項目。昨日今日で200枚ほど入力済みとなった。

つまり70×200=14000キー押し+アルファ(「-」つきのもあって)。
タブキーを押さないと次のセルに移動しないので,同様に14000キー押し。
次の行に移るにはリターンキーを押さないといけないので,200キー押し。
ときどき打ち間違えたりするので,バックスペースとか矢印キーとかもあり。

Lire la suite "30000回ほどキー押し"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16 juil. 2008

某学会役員

にご推薦いただけるというお話。
光栄なことでございます。

Lire la suite "某学会役員"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

パソ心

に入会申込書を送る。FAXで。
入会をお認めいただけるだろうか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

37万とゆとりのなさ

13時台に37万アクセスに達しました。

夏季休業中という気がしない,
ゆとりがない
(たしかに授業はないけれど)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15 juil. 2008

そして現実世界に戻りまして

大変忙しゅうございました。本日。

報告連絡相談ごと。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

研究室合宿2日目

続き。帰り着くまでの諸研究。

睡眠時間が短めだったせいか,当時頭の中がすっきりしておらず,
1日目ほどは詳細に思い出せない。
(睡眠不足状態のときには,より多く思い出せるのかもしれない)

Lire la suite "研究室合宿2日目"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

研究室合宿1日目

ではふりかえりながら,いったい私たちは何を研究してきたか,支障のない範囲でご紹介。
「研究」というのはみんなで。
「学習」というのは私個人が。

※写真はいっぱい「撮られ」ましたが,自分はあまり撮っていない。
 撮ってもうまく撮れていない。


Lire la suite "研究室合宿1日目"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

14 juil. 2008

戻って参りました

今日は疲れたのでまた後で書きますが,
戻って参りました。

Lire la suite "戻って参りました"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13 juil. 2008

河口湖清談

本日より一泊二日で河口湖に行って参ります。

企画者によるとそのコンセプチュアルなイメージは
「清談」「竹林の七賢」
もしくは「ギリシャの哲人」風な対話とか。

高尚なる語り合いの場ということだそうで。

Lire la suite "河口湖清談"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11 juil. 2008

本日も「担任」ワーク

推薦書(「指導教員所見」というペーパー)を書いたり,
とある事情によって「成績証明書」を本人になりかわり担任権限で発行してもらったり。

めんどうみがいいったらありゃしない。

Lire la suite "本日も「担任」ワーク"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

NP-JC/080711

夏休み中もがんばっています。研究熱心な彼ら(あ,私も)。

Sex differences in brain control of prosody

感情的プロソディ(喜び・悲しみ・怒り)や言語的プロソディ(平叙文・疑問文・命令文)の
理解について,右半球損傷患者(F群・TP群・BG群)の成績を比較検討。
→TP群=側頭頭頂損傷群で最も成績が低下している。(1)
 F群女性,BG群男性は成績が低下している。(2)
 F群は喜び,TP群は悲しみ,BG群は怒りの成績が低下している。(3)
※(1)課題がそういう課題であること,aprosodia(Rossの研究とか有名;最近のもあるらしい)
※(2)(3)そんなきれいに分かれるものなのかしら。
※なにゆえ性差を強調?というところは,言語的能力からではなく感情絡みの先行研究からの予測。


Impulsivity and risk-taking behavior in focal frontal lobe lesions

これ
衝動性とリスクテイキング(確率が低いが獲得金額は大きくなる;強化の遅延)と
前頭葉損傷。課題を工夫して("Tronto" Gambling Taskとでも命名すべきか)分離してみた。
→腹外側/眼窩前頭皮質損傷は,反応抑制の障害(=衝動性の亢進)というよりは,
 報酬に基づく意思決定機構の障害という方がよろし(=リスクをテイクする傾向)。
※衝動性質問紙(BIS-11)は損傷前後の変化をとりたくて損傷前・損傷後の状態を
 自己報告形式でとっているが,そのことの妥当性が我々の間では疑問視される。
  >>(発展して)質問紙で衝動性,というのは本当にありなんだろうか。
  >>やっぱ,こういうのは実験的課題で取らないとね,ということに。
※この研究が妥当だとすると,それでは衝動性はどのような課題で測定できるのか。
  >>CPT(Continuous Performance Test)とかGO/NO-GOとかってことになるんでしょう。
※去年さんざん考えたし,今年も考えていたりして...


Is the content of confabulation positive? An experimental study

これ
作話に関する実験的研究(形式上は半構造化面接)。
作話ありの人はそのまま,作話なしの人は話したことの一部を改変して(なんと)“作話にする”!
その内容を,条件にblindな評価者2名が,
Negative(self-diminishing)←→Positive(self-enhancing)7件法で評定。
→平均値を出して,評定値4.5未満をNon-Positive,4.5以上をPositiveとしてχ二乗検定したら,
 作話あり患者のPositive比率が多かった(なぜかふつうな棒グラフで表示)。
※実はその手順の前に,Negative・Neutral・Positiveの3つにわけている。
 にもかかわらず,Non-positive vs. Positiveにして分析するのは
 「恣意的」なんじゃないかというツッコミ。ごもっとも。
 ふつうに考えれば3×3の分割表でいくところ,2×3にしているようで。
※メカニズムの解釈。記憶の肯定的歪みは,
 通常,眼窩部によってある程度抑制/修正された形で出現する(健常者)。
 その部位の損傷によって抑制/修正が効かなくなり,
 肯定的歪みの程度が大きいまま現れる(作話患者)。
 

Lire la suite "NP-JC/080711"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10 juil. 2008

あれこれの訪問者

・ご研究関係,おふたり。
 (大学院入試のご相談と,「見返したり仕返したり」の院生さん)

・印鑑(担任として印鑑を押すのだ)と,
 「行ってらっしゃいカナダ」と,「目立つこと」についての雑談。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

1学期の成績を入力

ヒューマン・ケア科学方法論Iと,
学校神経心理の成績入力を完了。
(メールでレポート「受領しました」返信しておりませんでしたが,ちゃんと受領しています)

心理学基礎実験の報告も,既に行ったということで,

ようやく夏休み気分

Lire la suite "1学期の成績を入力"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09 juil. 2008

080709[mz1]J. Anx. Disord., 22-6

080709[mz1]-1 social anxiety; approach-avoidant conflicts; risk-taking behavior
Social anxiety and disinhibition: An analysis of curiosity and social rank appraisals,
approach–avoidance conflicts, and disruptive risk-taking behavior

社交不安障害傾向のある人は本質的に接近-回避葛藤を抱えているので,
接近指向群と回避指向群が存在する。
接近指向群は,社会的ステイタスを上げ好奇心を満足させるために,
社会的相互作用や脱抑制的行動・リスクテイキング行動に対して高い評価をする。


080709[mz1]-2 fear; disgust; trait anxiety
Trait anxiety, disgust sensitivity, and the hierarchic structure of fears

閉所恐怖,社交恐怖,血液-ケガ-注射恐怖,動物恐怖に共通する原因として,
「高次恐怖因子」に加えて,「特性不安」,「嫌悪感受性」を加えると,モデルの
あてはまりがよくなりますよ,というCFA(確認的因子分析)。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

夏季休業中でも定例の会議×4

の日でした。

さすがに8月はありませんが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08 juil. 2008

個人面談

ちょっと小学校へ,娘の個人面談。
毎年,この蒸し暑い時期の7月の面談は私の担当なのです。

今回は,「お勉強」のことがメインな話題に。
教科だけでなく,教科内でも
得意なところ・苦手なところみたいのが,そろそろ出てくるわけでして。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

にこやかに「今日は七夕ですね」と言われたら

どのように答えるのがスマートなのか。
昨日スタバのバリスタお姉さんにそのように言われたんだけど。

Lire la suite "にこやかに「今日は七夕ですね」と言われたら"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07 juil. 2008

高校の数学Bで相関係数は習うのか?

8月に高校生諸君を対象とする「研究室体験学習」というイベントがあり,
その一部として「性格検査」を担当することになっております
(「心理学基礎実験」のミニチュア版です)。

いつも行っている形式ですと,実習の重要な一要素として
一組だけ "相関係数を求める by 手計算" があるのですが,
これをどうしたものか思案中。

あれこれ調べると,数学Bの教科書に,相関のことがあるようなのですが...
書店で参考書をぱらぱらすると,あまり書かれていないようでもあり。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

080707[y][mz1]Asperger/ASDとBipolar

そういうことを考えさせられる機会がありまして。メモ。

080707[y][mz1]-1
Treating a Child With Asperger’s Disorder and Comorbid Bipolar Disorder


080707[y][mz1]-2
High prevalence of bipolar disorder comorbidity in adolescents and young adults
with high-functioning autism spectrum disorder: A preliminary study of 44 outpatients

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

「10224番」で道後温泉に,11月

本日12時エントリ締切のこちら
今朝演題登録しました。

Lire la suite "「10224番」で道後温泉に,11月"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

06 juil. 2008

身近な人のブログに気づかない

存在を知ることと,
そのブログとオーナーを結びつけること(匿名なときで,オープンに宣伝していないとき)と,
二段階の問題があるようで。

そういう話を今日ふたつ聞く。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

UNOのルール

夜の飲み会の後(というか続きというか)で,
若者らとUNOを2時間くらい?やり続けるが,
(昔自分が高校とかでやっていたころとくらべて)
あまりのルールの違いにびっくり。

なんすかそれ。

どこかの地域のローカルルールとも思えない。
メンツの出身地は全国あちこちだったから。

世代間ギャップっていうやつか...
きっと彼らと今の高校生ぐらいの人たちのルールも少々違うに違いない。


 *


ビリの人間に与えられる罰ゲームは最初「しっぺ」,
その後「一番勝った人の質問に正直に答える」に変更された。

しっぺ時代には「遠慮がち」なしっぺを2回ほど施されるが
(そんなところの遠慮はいらない;痛くない生ぬるいしっぺはイケマセン),
質問タイムにはかろうじてビリを免れる。

Lire la suite "UNOのルール"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

大学院合同臨床研究会@守谷

土日,一泊二日で主都大学東京さんとこちらでの,恒例の研究会でした。
参加しました。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04 juil. 2008

30度に達する

暑い。湿度も高いし。
ぐったり。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03 juil. 2008

『学士課程における心理学教育の質的向上とキャリアパス確立に向けて』

昨日の研修会にもちょろっと出てきました。
あまり宣伝されていないようですが,前から知っていました。
対外報告。

こちら(←pdfダウンロードです)

Lire la suite "『学士課程における心理学教育の質的向上とキャリアパス確立に向けて』"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

02 juil. 2008

080702[bx2]私の顔と私の名前

080702[bx2] self recognition; self-face; self-name; temporoparietal; fMRI
Face-specific and domain-general characteristics of
cortical responses during self-recognition

どっちも「私」に関係するわけだから,脳のどこかに「私」に共通する領域があるかもしれない。
イメージングで「私探し」。

自分,友人,知らない人の顔・名前でactivateされる脳領域を検討したところ,
そういう自己認知は
「側頭頭頂領域が活動しないこと」,
(他者との)社会的相互作用に関わる準備をしないでいる/する必要がないこと,
と説明されることになるらしい。

Lire la suite "080702[bx2]私の顔と私の名前"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

合同FD研修会

朝10時から,昼休みをはさんで午後5時30分まで。
階層は3つ(というか4つというか)あって,それを一日でやるもんだから
「合同」ということになる。

いつもの会議の「拡張」バージョンというか,情報交換というか,放談というか...
議決を要しないオープンな話し合いは,たしかに年1回くらいはあってもよいのでしょう。

Lire la suite "合同FD研修会"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01 juil. 2008

小学校から電話

夕方,娘の通っている小学校から,私の携帯に電話がかかってきた。

しかも,出てみると,担任の先生からではなく,教務主任の先生から。

何事かと思って緊張しました。

たいしたことではなかった(結果的には)。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

部屋のお掃除お片付け(続)

午前中,少々続きを行いました。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juin 2008 | Accueil | août 2008 »