« 30000回ほどキー押し | Accueil | 『大学の実力 「教育力向上への取り組み」』調査というやつ »

18 juil. 2008

NP-JC/080718

Spontaneous confabulations, disorientation, and the processing of ‘now’

自発的作話の生じるメカニズムを探るために,2つの「時間」課題のパフォーマンスを
検討した。「時間」の長さの比較課題と,時間経過イメージ課題。
作話患者群は,非作話患者群・健常対照群にくらべ,いずれも成績が低下していた。
※目的とタスクの対応がいまいち謎。
 「今」と「今より前(過去)」の区別の問題をとらえようとしているらしいのだが。
※作話に関わりなく,この課題自体はやってみたいという感想。
※この現象を説明するための「モデル」が示されていて,それが興味深い。
 そのモデルを言葉で説明するのは難しいのだけれど,課題遂行中,時間経過に伴って
  「健忘症」ではある程度保たれるべき記憶痕跡が速やかに消失・活性の低下,
  「作話症」ではある程度弱まるべき記憶痕跡が消えない・活性が持続してしまう
   (「健常」は,その中間状態),という感じ。
 プライミング課題のパフォーマンスでさらに検討できそう?
※作話の生じるメカニズムはこのように,neuralな/cognitiveなものでいわば「自動的」なのか,
  それともpsychologicalな,意図的なのか,議論される。
※大学院の「病態心理学特講」は,このあたりのことをしようか;英文テキストで。
※intrusionとの関連が知りたかったらしいが,モデルは使えるか。



When left becomes right and vice versa: Mirrored vision after cerebral hypoxia

鏡像書字(文字が鏡文字になる,左→右ではなく,左←右に書き進める),
+鏡像読字(正像文字よりも鏡文字の方が速く正しく読むことができる)
現象という珍しい症状を呈した,症例PR(33歳女性)のケーススタディ。
さまざまな課題遂行中の眼球運動を測定することで,これらの症状のメカニズムを考えよう。
文章読み・時計読み・視覚的探索課題・文字読み・反射的サッケード,などなど。
「知覚レベルでの逆転した視野」という仮説を支持するような(次回へ続く)
※不思議な症状を呈する症例の症状をよく分析し,メカニズムを追究するという,
 神経心理学の真骨頂とか醍醐味をよく伝える論文。皆興味津々。
※「左右反転眼鏡」かけてみればいいんじゃね?
※タスクの一部はこれにも関係しておりますので,それっぽく説明。
 単語の一括反転と,文字のくるくるたくさん反転はしくみが違うのでは。
 (このイメージング研究のねらいは,習熟に伴う活動の変化でした)
※ピアノを習っているとちょっと変わってくる(経験的に)?
  →総合科目でやる『「左脳」「右脳」話』に関連。
※ひらがなならいたての子どもは,
 不意に突然鏡像文字を挿入することがあることの自己経験吐露。


来週は休みで,次回は再来週。8月だよもう。

|

« 30000回ほどキー押し | Accueil | 『大学の実力 「教育力向上への取り組み」』調査というやつ »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/41901222

Voici les sites qui parlent de NP-JC/080718:

« 30000回ほどキー押し | Accueil | 『大学の実力 「教育力向上への取り組み」』調査というやつ »