« フィールドワーク | Accueil | 9月19日品川で,2P-07 »

01 août 2008

NP-JC/080801

When left becomes right and vice versa: Mirrored vision after cerebral hypoxia

前回の続き。実験6と実験7。
左右反転してしまう現象の諸側面(反転しない条件は?)。
・ターゲット呈示→a)すぐターゲットが移動を開始,b)しばらくしてから移動開始,
 に対するサッケード。
 a)では反転は少ないこと,移動が始まると反転は消失する傾向,追従眼球運動は正常。
・フリッカーで呈示される刺激の画像の向き(「馬は右向きか左向きか」)の判断は正常。
 50 or 100ms短期間呈示の後マスクをかけると,そのときは正しい判断。
・持続的に呈示される視覚刺激に対して,100ms~200msの間で,反転が生じるらしい。
※考察は苦しい。magnocellularとかparvocellularとかの解離という路線で展開しているが...
 (そんなに詳しくないところなので,数冊の書籍で皆で確認もしてみた)
※hypoxiaで,損傷部位が広範にわたるために「責任病巣がどこ」みたいな話はしにくい。
※持続して呈示される視覚刺激に対して反転が生じるのなら,その代償方略としては
 常に首振りするとか,眼球を左右に動かすとかいうことも,考えられなくはない
 (細かい文字の読字などは無理かもしれないが)。自発的にはそういう代償方略はなされていない。
※逆転眼鏡の話はついぞ出なかったが,単眼プリズムでの反転(視覚補助)は効いた様子。
※逆転眼鏡をかけてしばらく(2週間とか)生活するという心理学実験があったとして,
  いくらだったらバイトで経験するか,ということが話し合われる。
  (こんな書籍があるようですね)


Orbitofrontal cortex mediates inhibition of return

両側眼窩前頭皮質に損傷のある33歳女性のケーススタディ。
「ルール反転課題」と視覚探索課題における眼球運動を計測。
・ルール反転→「エラー」(これまで正解であったルールが突然変更された)直後には,
 眼窩以外の前頭前野損傷群(と健常対照群)では,"inhibition of return"的な
 眼球運動の潜時増加・反応抑制が認められ,続く試行でそれが減少してくる,
 という傾向があるが,この症例ではそれが全然みられない。
・視覚探索課題では,健常対照群に見られるようなシステマティックな探索眼球運動が
 みられず,ランダムな動きであったが,結果からみると,エラー数も少なく,反応時間も短い。
※"inhibition of return"のふつうの意味での使われ方を確認。
  今回のはreward-dependentな,ということになってるので。
※"somatic marker"と"WM"で検索してヒットした論文のひとつだったそうなのだが...
  あまりsomatic markerがどうのこうのいう論文ではない様子。reward-processing系。
※somatic markerつながりで考えると,内臓感覚が...ということなので,それでは
  内科系の患者さんではどうなんだろうという議論に話が展開する。
  たとえば,「消化器系」患者群 vs. 「循環器系」患者群,とか。
  神経心理の応用の方向性として,神経内科や精神神経科や脳神経外科や
  リハビリテーション科だけじゃなく,一般内科領域に拡大できるか,ということ。


Confabulation: Motivated reality monitoring

作話シリーズ。
・作話あり健忘症患者群と作話なし健忘症患者群の対比。
 インタビューで収集した,昔・最近経験したエピソードと,将来経験するかもねエピソードを,
 テスト時には,すべて「最近経験したこと」に置き換えて呈示。それが正しいか否かを判断する。
 インタビューとテストの間隔は,およそ2週間。
・作話あり患者群は,昔のことも将来のことも(特にポジティブ内容で)「最近経験した」と判断する
 傾向がある(=false positive)一方で,作話なし患者群は「わからない」とする傾向が高かった。
・作話ありなし・過去将来にかかわらず,ポジティブな内容に関してはfalse positive反応が多い傾向。
・つまり,reality monitoringとかtemporal monitoringに加えて,情動的・動機的要因も絡む。
 作話はすべて,過去に経験したことが混乱したまま取り出されるのではなくって,
 希望・思考・幻想・可能性からも構成される。
※情動とか動機には,もちろん病前にも,その程度に個人差が存在するであろうから
  作話が生じるか否かは,そういう病前性格のようなことも少しは関係するのかもしれない。
※ウソと「話が大きくなること」と作話の相違点は?
※作話(or 作話傾向)性差はあるんだろうか。
  「あはれ」な男子学生・院生は女子学生・院生の気を引くために,話が大きく・面白おかしくなる
 ような作話傾向があるのではないか,という,
 女子院生2名による,経験によって導かれたらしい「仮説」。(←お相手が悪かっただけではないでしょうか。)
 とはいえ,それは私の手持ちの未発表データ(ってうか昨日の大学説明会ではちょっと披露した)からも
 実証的に統計学的に有意にそうだと示されていたりする...進化論的に有利だったりするのか。
※それを含めて,遂行機能障害傾向の性差について論じる。
 そういうことを提唱している論文はほとんどないですけど(これなんかはそれに近いか)
 他の考察の方向性としては,女性の方が「社会的望ましさ」の影響を強く受けて
 「ワタクシはそんなことありませんことよ」と低めの回答をする,なども考えられる。
 →"Marlowe-Crowne scale"も一緒にとるか。
※九州各県と群馬と沖縄で「フィールドワーク」(環境・経験による影響という意味で)の可能性。
※いっそのこと修論も,「健常大学生における作話傾向の神経心理学的研究」とかにしたら
 などと提案してみる。アジテーション?

ちょっとこちらの会も夏休みで。次回は9月中旬に。

 *

山口や福岡(門司限定)話とか

未踏県の話とか
(私の場合→岩手・秋田・香川・徳島・沖縄,で何を観光するか・どうやって回るか)

新しく来たパソコンの話とか。

|

« フィールドワーク | Accueil | 9月19日品川で,2P-07 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42036517

Voici les sites qui parlent de NP-JC/080801:

« フィールドワーク | Accueil | 9月19日品川で,2P-07 »