« 080929[bx2]走る,話す,打つ,切る,状態が変わる(「壊れる」など) | Accueil | 平成20年度学生生活指導関係教職員研修会 »

29 sept. 2008

心理学英書講読-4

あれこれ追い立てられている/責め立てられているので,
細かいことは後で追加(するかも)。

今回は2クラス合同の授業でした。
各グループの人数が増えた分,少しはラクになったのかどうか。
いつもと違うお隣のクラスと一緒で,少しは違う雰囲気を味わえたかどうか。


(発表順)

グループ2:
Theory Revision and Redescription: Complementary Processes in Knowledge Acquisition
発達段階にある子どもたちの知識獲得の方法に2種類ある。
「理論改訂」と「再記述」。
※歯車課題の意味はよくわからない。


グループ3:
New Developments in Understanding Emotional Facial Signals in Chimpanzees
チンパンジー用の表情既述システムを構築してあれこれ研究をしてみた。
ヒト表情との類似点と相違点。


グループ6:
Situated Social Cognition
「ステレオタイプ」などの社会的認知は抽象的なものでなく,
もっと状況とか文脈とかを導入すべきという「提言」。


グループ5:
Cell-Phone–Induced Driver Distraction
携帯電話をしながら運転することの問題点を実験的に検討。
注意の配分の問題?中枢のボトルネックの問題?


グループ1:
Auditory-Processing Malleability: Focus on Language and Music
聴覚処理の学習(音楽は特にトレーニングの効果)と,聴覚処理障害の広範にわたる影響。


グループ4:
Genetics, Dementia, and the Elderly
双生児研究とか分子遺伝学での「認知症」。特にAD。
「遺伝子-遺伝子」「遺伝子-環境」のインタラクションを考える。
AD以外にもDLBとかFTDとか,認知症にもいくつかのタイプがある。主症状も異なる。


宿題:
Mirror Neurons and the Evolution of Embodied Language

宿題の論文が一番大事です,個人的には。
ミラーニューロンのことは,既に「教科書的」ですから,知っておかねばならない事項。

 *

だんだん慣れてきて,10分以内に終わるどころか,
質疑の時間も残してくれるグループも現れて大変結構な傾向。
訳すのではなく,「論文をみんなに説明/紹介する」という意識は絶対的に必要。
頭を切り換えてください。
そして,講じてください,その論文をネタにして。

けっこう楽しそうにやっている人もいる。

 *

「調査のお願い」をしましたが,次回是非お忘れなくお持ちください。
「実験協力のお願い」をしましたが,これからでも受け付けますので是非ご協力ください。

 *

北海道みやげのプチおやつを配りました。
練乳キャラメルが最も人気が高かった。
ビールキャラメルは本当にビールな味がした。

|

« 080929[bx2]走る,話す,打つ,切る,状態が変わる(「壊れる」など) | Accueil | 平成20年度学生生活指導関係教職員研修会 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

ビールはダメなので、練乳キャラメルをいただきました。
美味しかったです。ご馳走様でした。

少しはパーッと読むことに慣れましたが、1クラスでやるとやっぱり大変です…。
最終回までにもっと慣れられるように頑張ります。

…課題の最初で早速訳に困ったんですけど、普通にミラーニューロンでいいんですね。

Rédigé par: いちかわ | le 29 sept. 2008 à 23:49

> …課題の最初で早速訳に困ったんですけど、普通にミラーニューロンでいいんですね。

ああぁぁそうか。そういうことをちょこっと説明する必要があったか。
「鏡神経細胞」とか,無理矢理日本語にしなくてもオッケーです。

そういうこともあって,「インターネットで調べものOK」ということにもしています
(訳語の適切性チェック機構という意味で)

どうして「ミラー」と呼ばれるのかの意味を理解することが肝要です。
なんで著者らはそれを言語につなげようとするのかも。

Rédigé par: m0ch1 | le 30 sept. 2008 à 06:42

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42634480

Voici les sites qui parlent de 心理学英書講読-4:

« 080929[bx2]走る,話す,打つ,切る,状態が変わる(「壊れる」など) | Accueil | 平成20年度学生生活指導関係教職員研修会 »