« 娘同伴で「お食事会」 | Accueil | 11月18日午後~21日までは松山です »

26 sept. 2008

NP-JC/080926

今日から新メンバーがおひとり加わりました。

冒頭に,先週の神経心理学会のことをちょっと。

Evidence for a selective deficit in automatic activation of positive information
in patients with Alzheimer's disease in an affective priming paradigm

アルツハイマー型認知症(DAT)患者における,情動関連語を用いたプライミング課題。
反応潜時では,群の主効果,ターゲットの意味の主効果はあるけれど,
交互作用がない→DATでもネガティブ語に対する回避的な効果が認められた。
感情プライミングと意味プライミングを別々に検討すると,
・DAT患者ではポジティブ語に対する,対照群ではネガティブ語に対する抑制的なプライミング効果
・DATでは意味プライミング効果が生じない

※DAT群のMMSEの点数がそんなに低くはないけれど,「単語理解」の程度や,
 BDIなどによる「うつ」の程度も測っておいた方がいいねえという話。
 先日のランチョンセミナーでもdepressionとdementia,という話を聞いたばかりだし。
 →でもそうやっていろいろな検査データをとりすぎると,わけがわからなくなることもある。
※半球とポジティブ/ネガティブ感情処理,の話はいつもどうしても混乱する。
※「『涙』の意味」という例でconnotationを説明。我ながらよくできた例だった。



Emotional memory in schizophrenia

統合失調症者の情動的記憶。扁桃体機能低下仮説を検討するという趣旨。
言語刺激を使わないで,IAPS画像を刺激として提示し,
覚醒度評定→(10分後)画像の直後再生byコトバ→(3週後)再生byコトバと再認。
対照群と比較して,
・覚醒度の評価に群間差はなし
・再認率を見ると,対照群ではポジ・ネガ>ニュートラル(情動的刺激の再認はよい)が,
 統合失調群ではポジ=ネガ=ニュートラル
・再生率は,ポジ・ネガ>ニュートラルだが,
 統合失調症群ではネガティブ画像,ニュートラル画像の再生が不良

※扁桃体が絡んでいる,ということにして説明するとわかりやすいというだけで,
 構造画像も機能画像も見ているわけではない。
※で,結局視覚情報の流れを見ると,ポジティブとかネガティブとか,どこがどういう
 タイミングで「判断」(?)しているのかよくわからなくなってくる。
※認知と行動はいいけど,主観的経験っていうのは??
※「ネガティブ」だけじゃおおざっぱなくくりじゃありませんこと。
※基本的な感情って...どれなんでしょう?発達とか進化とか。
※右翼と左翼の話,説明のスタイルとして(←ただし今の大学生はそういうのわかるんでしょうか)

次回予定の一本は apraxia 論文らしいっす。
学会に参加して<目覚めた>みたいです(笑)

|

« 娘同伴で「お食事会」 | Accueil | 11月18日午後~21日までは松山です »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42603361

Voici les sites qui parlent de NP-JC/080926:

« 娘同伴で「お食事会」 | Accueil | 11月18日午後~21日までは松山です »