« 心理学英書講読-(3) | Accueil | 渡し方/さわる/<好きだけどいえない>/役/変化できる可能性を持っている/誘(いざな)い/仕掛け »

22 sept. 2008

『間柄をなして』『非在の現前』『他者に対して何ものかとしてある』

いま、働くということ』という新書を読みながら帰ってくる。
(5月発行らしいのですが,なぜか「札幌弘栄堂書店」では平積みになっていた)

個人的には前半部分(II章)しか興味が持てなかったけど。
その中でも,ちょっと気に入ったフレーズを。
特に最初のやつ。


 このように、働くということ、すなわち「間柄をなして・自然に対して」働きかけていく
協業に参与するということは、歴史を共有しつつ未来をともに構想する同士として、
それぞれの行為を理解し応答していく間柄を生きる、ということに他ならない。...
(p. 66)



...”みんなが必要とするもの・必要とするときが来るかもしれないものを、それぞれ
お互いに作って届けあう”という相互依存の厖大なネットワークにおいて、いま自分の
やっていることが、ささやかなりとも一つの網目となっている。このことが具体的に確認
できたがゆえに、私たちは、自分の社会的な存在が承認されているという安堵を感じる。
こうした安堵は、まさしく「非在の現前」としての言語を操れるがゆえに、自己と類全体
とを同時に意識する生き物である人間にとって、きわめて重要である。...
(p.106)



 誰もが必要とするもの、ないし必要としうるものを作り・届ける、という活動に従事す
ることによって、任意の他人との相互依存の関係の中に一つの位置を占める。そのことに
よって、そのつど他者に対して何ものかとしてある、という対他存在としての自分の存在
が社会的に承認される。これが、仕事について働くということが意味することであった。...
(p.112)

働くということが,
たんに生きるため・「食っていく」ための手段でもなく,
また自己実現のためでもない,
それらのみでは十分には説明されない,
という点に同感。
(昨日も,関連するようなことを書きましたが)

 *

仕事に不満がある・不安がある,迷いがあるというわけでもないけど
(とはいえゼロでもないけど),
今のタイミングの私には,何のために働くのか,を考えることは,ちょうどフィットしたというか。

|

« 心理学英書講読-(3) | Accueil | 渡し方/さわる/<好きだけどいえない>/役/変化できる可能性を持っている/誘(いざな)い/仕掛け »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

13. Memorable-REMARKS 【詞】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42559517

Voici les sites qui parlent de 『間柄をなして』『非在の現前』『他者に対して何ものかとしてある』:

« 心理学英書講読-(3) | Accueil | 渡し方/さわる/<好きだけどいえない>/役/変化できる可能性を持っている/誘(いざな)い/仕掛け »