« 『あの人に言ったことは,自分に言いたかったことかもしれない』 | Accueil | 08心理学II(ストレスと健康)-1&2 »

02 oct. 2008

081002[mz1]Cogn. Ther. Res., 32-5

081002[mz1]-1 worry; GAD; intolerance of uncertainty
An investigation of appraisals in individuals vulnerable to excessive worry:
the role of intolerance of uncertainty

高IU者=特性的な心配症=GADへのリスク。
あいまい状況(シナリオ)をネガティブに評価する傾向を確認。


081002[mz1]-2 mania; hypomania; bipolar disorder; facial affect recognition;
Positive Mood Induction and Facial Affect Recognition among Students at Risk for Mania

軽躁パーソナリティ高得点者は,ポジティブ気分誘導後に,
1)ネガティブ表情の認知が障害されるか,
2)かすかなポジティブ表情(happy)の認知が向上するか。
→1)は×,2)は○。


081002[mz1]-3 OCD; prospective
Predicting Changes in Obsessive Compulsive Symptoms Over a Six-Month Follow-Up:
A Prospective Test of Cognitive Models of Obsessive Compulsive Disorder

T1でのOCD症状と,T2までの間の6ヶ月間のネガティブライフイベントが,
6ヶ月後T2のOCD症状の頻度と苦痛度を予測する。
...のだけれど,OCD症状関連「信念」(Obsessive Beliefs; OBQ-44という質問紙で測定)が
 役に立つかどうか(OCD症状とは別に)を調べたかったらしい。その点はイマイチか。


081002[mz1]-4 thought action fusion; shame; obsession; compulsion; OCD
Believing that Intrusive Thoughts Can be Immoral Moderates
the Relationship Between Obsessions and Compulsions for Shame-prone Individuals

強迫観念→強迫行動出現のつながりは,
恥感受性,TAF-moralityの強さによって増強されるが,
侵入思考を自分のネガティブさに推論する傾向や罰感受性やTAF-likelihoodでは
増強されない。

出版社が切り替わった(Kluwer→Springer)時期に重なっているらしく,
本文の段組が1段だったり2段だったりするのはヘンな感じ。

|

« 『あの人に言ったことは,自分に言いたかったことかもしれない』 | Accueil | 08心理学II(ストレスと健康)-1&2 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42658610

Voici les sites qui parlent de 081002[mz1]Cogn. Ther. Res., 32-5:

« 『あの人に言ったことは,自分に言いたかったことかもしれない』 | Accueil | 08心理学II(ストレスと健康)-1&2 »