« 「好きなアーティストを答えよ」その他の問い | Accueil | 081024[mz3]身体を暖めると心も温かくなる!? »

24 oct. 2008

NP-JC/081024

Impaired imitation of meaningless gestures in ideomotor apraxia:
A conceptual problem not a disorder of action control?
A single case investigation

「観念運動性失行」症例SCの呈する模倣障害に,「身体情報処理」が関与していることを,
実験的に検討した論文。
※現在支配的であるHeilman系モデルによると,無意味動作の模倣は
 視覚分析(入力)→神経支配パターン(出力)のvisuo-motor/spatial-motorな
 変換,ということになっているのだが,それだけじゃなくって,そこには
 身体情報処理(「概念的な」)が絡むでしょう(=Goldenberg系),
 ということを支持するような知見。

実験は3つ。で,それぞれの実験はコトバでは表現しにくいが,Figを見れば一目瞭然。
実験1:指の絶対空間的,相対空間的,概念的マッピング。
   →概念的マッピングで大きな成績低下。
実験2:身体部位の概念的/視覚的マッピング。
   →やっぱり概念的マッピングで,正しい位置よりも遠いところを指示する傾向。
   ※「ジョジョ立ち」みたいなポーズを取っている人の身体部位を1ヶ所マークして,
    普通に立っている人の身体部位上で同一箇所を指示する,というような課題
    が,概念的マッピング。
実験3:手指パターン/身体姿位模倣のマッピング(Direct/Mirror/cartoon)
   →Cartoonへのマッチングが時間がかかり,誤反応率も高い。

...ということで,
単純にvisuo-motorなマッチングができないだけならこのように条件間の差異が
生じることを説明できず,かつ,概念的な身体情報処理が求められる課題において
顕著な成績低下を示すのだから,無意味動作模倣においてやはりそのような
概念的身体情報処理が関与するでしょう,という論の流れ。

※発表者は課題を理解するのにだいぶ格闘したらしい。
 一人で検査者役と被検者役をしながら理解するのは,さぞや大変だったことだろう。
※BPOとかclosing-inとか...頭の中で生じることを外界に表現するときに生じる
 「象徴」とか「イメージ」のことを議論する(若くてピチピチだった院生の頃の私のようだ)。
 「面白いねえ」「不思議だねえ」ということ。
※モデル的に理解することの有用性。何を考えなくてはいけないかを理解する上で,
 モデルの存在は有用,ていうか不可欠(であることを皆で体感)。
 ・でもこの論文には,そういうBox & Arrowは示されていないのだけれど。


     *


Facial expression processing after amygdalotomy

扁桃体切除術を施された症例D.R.の表情認知はどうなるか(vs.人物認知)の論文。
けっこう昔の。

スタディ1。静止画と動画の表情認知。
   →対照群と比較して,動画で成績が不良
     (対照群では動画で成績が向上する部分が,D.R.にはみられない)
スタディ2。表情マッチング。人物マッチング。
 (A)同人物同表情,(B)同人物異表情,(C)異人物同表情,(D)異人物異表情
 というペアを提示して,人物が同じか,と,表情が同じか,を判断させる。
 ペアの提示方法も,同時(横に並べて)的提示と,継時(順番に)的提示。
   →表情マッチングで成績低下。提示方法による影響はない。
    誤反応の中身は,表情マッチングでは(B)(C)で多く,
    人物マッチングでも,(B)ではやや多い(表情を分析する能力も人物同定に絡んでる?)
スタディ3。表情のイメージ課題。人物のイメージ課題。
   →表情をイメージし答える課題(笑ったときに口角は下がってる?のような)で低下。

相貌失認とは逆パターン,二重乖離がある,ということは,
少なくとも一部は,相貌(人物を特定する)認知と表情認知は別個のシステム。

※「表情カテゴリーごとの分析がなされていない」という感想は,たしかに現代的な
  視点からするとそうなるけれど,この頃はまだ。パラダイムシフト(?!)前。
  相貌失認との対比がメイン。
※(私にとって)この論文で動画で検討していた,しかも"in conversation"という条件が
  あったことは,見落としていた。しかも,動画での改善がないという。
※やっぱり誤反応パターンを見ることは大事な作業。
※イメージ課題を行っている理由は何か,というところ。
  たしかに,「知覚」と「イメージ」のneural substrateの共通性がよく論じられていた
  から(「視覚性失認」と「視覚性イメージ」)という理由もあるが,タスクとして
  知覚駆動型と,記憶駆動型を比較する
   →どちらでも表情処理に問題がある
   →→用いられる処理様式特異型の障害ではなく,表情認知処理そのものの障害
  という確認は必要。ここでは「とってつけたような」記載だけれども。
※「定位脳手術」のイメージを共有。

両論文とも,症例研究(でも,単なる所見の記載のみではなく,実験的検討を含む)。
そういうのが,やはり神経心理学的研究の王道ですな。

内容もそうだけど,むしろ症例の呈する不思議な症状を前にしたときに,
どんな実験をすべきかをどのように考え出すのか,というところとか,
どういう視点で結果を見るべきか,とか,
そういう方法論的な面で,良い勉強をする機会になった会だったように思います。

来週もやる予定。

|

« 「好きなアーティストを答えよ」その他の問い | Accueil | 081024[mz3]身体を暖めると心も温かくなる!? »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42896489

Voici les sites qui parlent de NP-JC/081024:

« 「好きなアーティストを答えよ」その他の問い | Accueil | 081024[mz3]身体を暖めると心も温かくなる!? »