« 法事で浜松へ | Accueil | 心理学英書講読-5 »

06 oct. 2008

ご恵贈感謝『臨床認知心理学』

臨床認知心理学』,
編者のおひとりからいただきました。

病態心理学(pathological psychology)についての記載があるのがたぶん特徴的で,
「行動や意識,そしてコミュニケーションの障害を研究対象とする学問である」(p.116)
「心理的な障害の詳細な観察や分析を通して,一般法則を見出そうとするアプローチである」(p.118)

異常心理学(abnormal psychology)との異同も論じられているが,その最後に
「...心理的メカニズムや心理的法則を知るためには異常心理学よりも病態心理学が
 有力なアプローチとなる」(p.119)
とあります。

自分は「異常心理学」を研究しています,と言うことには抵抗があるが
(~もちろん「臨床心理学」を研究しています,などと言ったことも一度もない~),
「病態心理学」を研究しています,ならばかなり抵抗感は弱まる;

なぜなら,「心理的メカニズムや心理的法則」を研究している(つもりだ)から。

|

« 法事で浜松へ | Accueil | 心理学英書講読-5 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: ご恵贈感謝『臨床認知心理学』:

« 法事で浜松へ | Accueil | 心理学英書講読-5 »