« 投票 | Accueil | 新たなモデル »

29 oct. 2008

片思いということ

親密な関係のダークサイド
という,おどろおどろしい表紙の本(訳書)をちらっと眺めて,
そこの7章に挙げられていた文献に興味を持って入手してみた
これ↓

Unrequited Love: On Heartbreak, Anger, Guilt, Scriptlessness, and Humiliation
(pdfをゲットした)

カイ二乗検定をするような,やや質的な,頻度データの分析みたいだけど。
片思いする側"would-be lovers"と片思いされて断る側"rejectors"の双方の研究ってのは面白いですねえ。

「恋愛」にまつわる心理学にはさっぱり詳しくないのだけれど
(学問だけじゃなく実践面でもさっぱりだけれど),
この論文って「古典」みたいなものなんですかね。
この後何か進展があるのかどうか,気になります。


片思いは,"unrequited love"という英語になるんだということも,初めて学習。

そのダークサイド本の7章の章題の訳,
「いたずらに愛し,愛されること」((To Love or Be Loved in Vain)。

いたずらに」としたところが,
むなしさ感を醸しだし,報われない感じを表し,
和風な言葉遣いで。

うまいなあと思って感心。

 *

相手が気づいていないような一方的な「片思い」ってのもあるはずだけど,
そういうのはこの研究では「片思い」の範疇にさえない,ってことになるのかな。
いったんアタックしたうえで砕け散らないといけないらしいっす。

|

« 投票 | Accueil | 新たなモデル »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

03XY. MEN-and/or-WOMEN 【男女】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42943553

Voici les sites qui parlent de 片思いということ:

« 投票 | Accueil | 新たなモデル »