« 来年度の卒論 | Accueil | 研究室研究会(合同)卒論中間発表会前 »

14 oct. 2008

厚さと重さ

11月の高次脳機能障害学会@松山のプログラム・講演抄録が送られてきました。

「高次脳機能障害学会」と名前を変えてからの変遷。プログラム掲載分でカウント。
 第27回(2003) → 152ページ。一般演題数は 132
 第28回(2004) → 137ページ。一般演題数は 121
 第29回(2005) → 152ページ。一般演題数は 154
 第30回(2006) → 155ページ。一般演題数は 158
 第31回(2007) → 186ページ。一般演題数は 171

 今回,
 第32回(2008) → 220ページ。一般演題数は 232

「体性感覚的に察知できるほど」です。

来年度,第33回,2009年度は,10月29日(木)・30日(金),@札幌だそうです。
会場はこちらとのこと。

|

« 来年度の卒論 | Accueil | 研究室研究会(合同)卒論中間発表会前 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/42786570

Voici les sites qui parlent de 厚さと重さ:

« 来年度の卒論 | Accueil | 研究室研究会(合同)卒論中間発表会前 »