« 『読んでいない論文について堂々と語る方法』 | Accueil | 081126[bx2]記憶能力の個人差は「何もこなさなくていい時期」の脳活動状態に左右される »

26 nov. 2008

081126[mz1]apophenia?!とovermentalizing

081126[mz1]-1 apophenia; ToM; schizotypy; delusional thinking
Apophenia, theory of mind and schizotypy:
Perceiving meaning and intentionality in randomness

前にちょっとだけ紹介した,Cortexの44-10に掲載されている論文。

無関連な事柄に,過剰に意味連関を見出す傾向のことを apophenia というらしい
(初めて見聞きした)。
統合失調症の脆弱性要因として,心の理論障害とともに示唆されているらしい
(初めてそんな話を聞いた)。
であるので,schizotypyやdelusional thinking styleの質問紙の結果と,
(心の理論やそのapopheniaに絡むような)実験的課題には関連がみられるかも...

そこで,3つの課題で検討しているようなんですが,そのうち
「トライアングル課題」のランダム条件で,schizotypyやdelusional傾向の人はapopheniaを示し,
「トライアングル課題」と「コンティンジェンシー課題」では,overmentalizingをdelusionalとのみ
関連していた。

どうもその,因果モデルがはっきりしないのでよくわからない論文なんですが,
とにかく,apopheniaとovermentalizingとdelusionには三者相互に関係があるが,
schizotypyはapopheniaだけで,overmentalizingにはあまり関係ない,ということ
らしい。

関係ないことにも何か関係があるような気がしちゃう」apopheniaと,
心の読み過ぎ」overmentalizingは,
パラノーマルで妄想的な信念と関係があるみたい。

 *

apopheniaを,実験課題のパフォーマンスによって(質問紙じゃなく)測定しているところが,
ちょっと気になる。

|

« 『読んでいない論文について堂々と語る方法』 | Accueil | 081126[bx2]記憶能力の個人差は「何もこなさなくていい時期」の脳活動状態に左右される »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43233953

Voici les sites qui parlent de 081126[mz1]apophenia?!とovermentalizing:

« 『読んでいない論文について堂々と語る方法』 | Accueil | 081126[bx2]記憶能力の個人差は「何もこなさなくていい時期」の脳活動状態に左右される »