« 研究室研究会(卒論)分析の方向付け | Accueil | 『読んでいない論文について堂々と語る方法』 »

25 nov. 2008

「臨床心理」枠の中での「神経心理学」その1

県立医療大学というところで,「臨床心理」の授業枠での神経心理学,その1。
今週と来週の2回だけ,非常勤講師。
対象は,看護学科,理学療法学科,作業療法学科のお若い学生さんたち。


2回である程度全体像しゃべる(ってことはそれぞれ軽めに)ということで,今回は
総論的に,「高次脳機能障害とは」,
各論的に,「注意障害」,「半側空間無視」,「遂行機能障害」,「行動と感情の障害」まで。

“行政的な方の”高次脳機能障害から始めるというのは,
神経心理学講義としてはかなり型破りな順番ですけれども,
まあやってる方も面白かったです。ぶっつけ本番みたいなところもあり。

注意 AND/OR 遂行機能課題は,実習的にいくつかやってもらったりして。
時間制限は,難しめのは30秒でなく60秒のほうがよかったかも。

TMT-B様の課題で,「3の倍数だけ×印をつける」みたいのとかも。←"TMT-C"としていかがでしょう。
「3次元あっち向いてホイ」みたいなのもやってみる。←これ,アクションが大きくないと面白くないわな。

来週は,古典的に,「失語」,「失認」,「失行」,そして「記憶障害」で行く予定。

|

« 研究室研究会(卒論)分析の方向付け | Accueil | 『読んでいない論文について堂々と語る方法』 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43224393

Voici les sites qui parlent de 「臨床心理」枠の中での「神経心理学」その1:

« 研究室研究会(卒論)分析の方向付け | Accueil | 『読んでいない論文について堂々と語る方法』 »