« 最もお断りしにくいところから | Accueil | 心理学英書講読-9 »

06 nov. 2008

総合科目「心の実験室2」08-09

昨年度の忘れられない惨状が想起されましたので,ちょいと早めにセッティングに向かう。
今回はノープロブレムでした。

とにかく,通常状態では,「脳梁」っていう組織によって,右半球と左半球がつながっている。
片方だけ使う,とか,片方をより多く・強く使う,みたいなことはできませんよ,
(ていうか,両半球を使ってますよ,だいたい)
ということがわかってもらえるとうれしい。
 でも,そういうことを知った上でさらに「その手の本を買うかどうか」は
 個々人の自由な意思決定でどうぞ。営業を妨害しているわけではない。
 よく吟味してみることを促しているだけ。

大学で学ぶべきことは,知られたことを知識として覚えることだけじゃなく,
どうしてそういう話になるのかをさらに追究する姿勢とか,
どのような方法によってそれらの知見が得られたのか
方法論を知ったり考えたりするところにあると思うので,
十分に科学的な研究として行われてきた
(ノーベル生理学・医学賞ですしね)split brainの研究とか,
一側性脳損傷による神経心理症状の研究についてお話しする。

まそうはいっても,右だの左だの,こっち行ったりあっち行ったりで,
かなりややこしい,頭のこんがらる感じの話ですね。喋っている方としても。

※ある辞書にはこんがらる(濁点つけず),となっているのだが。

毎度申し上げておりますが,「質問紙調査へのご協力」,誠にありがとうございます。
みなさんの善意による回答が得られませんと,実証的な心理学研究はまったく前進しない
のであります。
心理学研究のプログレスに貢献したことを,周りの皆様にどうぞ自慢してください。
(そして引きつづき,「お持ち帰り分」もどうぞよろしくお願いします)

「心の実験室」という名の授業なのですから,
実験や調査には極力,実体験的にご協力いただけると,
経験的な学習もできる(はずです)よね。

|

« 最もお断りしにくいところから | Accueil | 心理学英書講読-9 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43029791

Voici les sites qui parlent de 総合科目「心の実験室2」08-09:

« 最もお断りしにくいところから | Accueil | 心理学英書講読-9 »