« 42万は松山で | Accueil | やや長めの昼休み、その1 »

19 nov. 2008

第32回高次脳機能障害学会1日目

口頭演題の方のセッションは,
認知リハビリテーション,記憶障害,脳梁損傷・ゲルストマン症候群,注意・情動障害など。
ポスターの方はだいたい見ました。
 ※例のポスター賞は,9題選ばれてましたが...

企画系では,
教育講演1「注意障害の診かた」,と,
カレントスピーチ「社会的行動障害とその心理社会的介入」,におりました。

一般演題にありました,「視線/矢印曖昧刺激」という発想が面白かった。
blog上には表示しがたいのが残念。

カレントスピーチの社会的行動障害は,勉強になりました。
介入としてCBT(認知行動療法)を,というのは意外といえば意外ですが。
しかし理にかなっている。「理にかなう」というところが重要。
「家族にこそCBT」っていうのも同意。
でも。ある程度高次脳機能障害がわかった人がやらないと,ね。

 *

ランチョンセミナーは整理券をゲットできず,外へ。
「やや長めの」自主的お昼休みを取りました。

 *

そんなわけで「伝聞情報」ですが,お役目を拝命した模様。精進します。

 *

いくつかの点で思うところがあり,今後の身の振り方をあれこれ考える。
※身の振り方といっても,出処進退のことではないです。

|

« 42万は松山で | Accueil | やや長めの昼休み、その1 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43165809

Voici les sites qui parlent de 第32回高次脳機能障害学会1日目:

« 42万は松山で | Accueil | やや長めの昼休み、その1 »