« 081125[mz2]他者の感情を,目と耳で推し量ること | Accueil | 「臨床心理」枠の中での「神経心理学」その1 »

25 nov. 2008

研究室研究会(卒論)分析の方向付け

学外からのゲストおひとり,とびいりオブザーバー参加がありましたけど,
1.5時間ほど。1ヶ月ぶりくらいか。

データを取り終えたからには,分析して書き上げて提出するのみです。前進あるのみ。

で,「猪突猛進」せずに一定の方向付けを行うための,
「得られたデータの確認」「検証すべき仮説の再確認」「分析の方針のオリエンテーション」。
それぞれ,さくさくとディスカッションしながら「指導」。

ま,みんなコンテンツ的には卒論提出できるかな。
締切までに書いて提出すれば,ね。

...といいつつ。ほとんどの人の分析「結果」を見ていないのだから,
 コンテンツの部分もまだまだ安心はできません。
 今週末には終わらせましょう,できる限り。

 *

ある程度説明したら,みな自分でSPSSとか使って分析できるらしい。
そのあたりのお世話はあまりいらないみたい。
すばらしい。

 *

今日はこの後,会議と,単発(来週もなんで2発)非常勤講師のハシゴです。

|

« 081125[mz2]他者の感情を,目と耳で推し量ること | Accueil | 「臨床心理」枠の中での「神経心理学」その1 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43220991

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論)分析の方向付け:

« 081125[mz2]他者の感情を,目と耳で推し量ること | Accueil | 「臨床心理」枠の中での「神経心理学」その1 »