« 本日のfaux pas | Accueil | 平成21年度卒論折衝第一号案件 »

19 déc. 2008

08神経心理学-5&6

空間と身体と行為のメカニズムとその障害。
 ↓こんな流れで。
「081219.pdf」をダウンロード

構成障害のところまで到達し,運動維持困難★や,行為の解放現象は来週。
 ★この点は,来週予定の「注意」にとってはいささか好都合。

今日の1冊 → 『失行
(※のつもりが,DVD再生できず今後の課題=来週冒頭に)。

・授業としては,半側空間無視と視野障害の違いを十分理解してもらうことが重要。
・「何に対する」左側を無視するかの諸相は力点を置くべきだろう。空間の座標軸は複数ある。
・「燃えている家には住みたくない」の図(←何の話かおわかりでしょうか?)は
 あれこれの専門書では発見できず。ネット上でも。

・「身体」に関しては,パワポで見せるべき図表があまりない。

・reachingとgraspingの話は,思ったより関心を持ってもらえたみたい。意外なことに。
・覚醒度の低下した時間帯に「失行検査」をやってもらうのは,覚醒度をやや向上させる効果が。

だめだめ教員の見本のようなさんざんな授業になってしまった。
リベンジすべき項目:
1) 「方向性運動減少説」の実験の説明。
2) DVD再生。
3) 気の利いたセリフが出てこない。

ここ数日の「お仕事」で,やや準備不足傾向であった感は否めない。
...でも,そういう教員を見るのは,学生さんたちにとっては面白いものらしい。

 *

表玄関の方には,パワポ呈示画像(のpdf変換)を置くことにした。
パスワードが必要なんだけど。毎度異なる10ケタ(4+6)。

|

« 本日のfaux pas | Accueil | 平成21年度卒論折衝第一号案件 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

いつも楽しく拝見させていただいております。

「燃えている家には住みたくない」の図

右半球損傷―認知とコミュニケーションの障害(2007)
Penelope S.Myers(著)
宮森孝志(監訳)

にあったかと思いますよ。
あまり売れてないみたいですが。

Rédigé par: | le 19 déc. 2008 à 23:34

情報のご提供ありがとうございます。
さっそく探索してみます。
(たしかにその本は購入しておりません...)

ヴィジュアルで見せるものをまず探す,
ということをしていて,
それがほとんど「授業準備」であったりします。

Rédigé par: m0ch1 | le 20 déc. 2008 à 06:45

この「燃えている家には住みたくない」の原著,

Marshall JC & Halligan PW, 1988.
Blindsight and insight in visuo-spatial neglect.
Nature 336: 766-767.

を眺めてみましたが。
絵はなかった。

どおりで,図として掲載されているものが少ないわけだ。

Rédigé par: m0ch1 | le 25 déc. 2008 à 20:52

なるほど。
原著には絵は載ってないんですか。
じゃあ前述の本に載ってるのは、著者が作ったものなんですね。
あるいは学生に作らせたか。

この本の著者はSTのようですが、海外でも認知訓練の担当って、
STだったり心理だったりなんですかね。
派閥争いみたいのも、あったりするんでしょうか。

Rédigé par: hige | le 26 déc. 2008 à 11:15

Nature論文にしては珍しく,図もなければ表もない,まさに"Letter"って感じのしあがりです。
「二項検定」という統計しかしていない点も。

STだったり心理だったりは,どうなんでしょう。
海外のことには詳しくないですけど,日本よりは
STの方々はspeech関連(失語とか)に特化している印象はあり,
またneuropsychologist(「神経心理士(心理師?)」)という専門職があったりしますね。
派閥争いではないような気がします。

Rédigé par: mochi | le 26 déc. 2008 à 15:43

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43468110

Voici les sites qui parlent de 08神経心理学-5&6:

« 本日のfaux pas | Accueil | 平成21年度卒論折衝第一号案件 »