« 学外でWG | Accueil | 査読 »

16 déc. 2008

081216[bx1]RNGと半側空間無視

081216[bx1]-1 random number generation; neglect
Random number generation in neglect patients reveals
enhanced response stereotypy, but no neglect in number space

1~6の数を「できるだけランダムになるように」答えていく
(=つまり心的サイコロmental diceふり)という,
RNG(random number generation)課題を
19名の半側空間無視患者(v.s.健常対照群)に実施したところ,

1) (mental number lineの左側に来るような)small digitsの減少という現象はみられない,

2) 直前の数字からどれだけプラスマイナスするか(6→1なら「-5」,1→6なら「+5」),
  上昇系列と下降系列の"Turning Point Index"(1,2,4,3,1...だったら4がターニングポイント)
  の違いもみられない。

3) でも患者群は,特定の数字,特定のペアを答える傾向(stereotypy)がみられる。

とのこと。

定められた範囲の中から,ランダムに数を答えるという課題をするときに,
A.「心の中の数直線を使っているんだ」ということ +
(「表象説」という立場を取れば)
 B1.その空間内の左側位置の無視傾向(小さい数を答えることの少なさ),
 または
 B2. 左方向へ向かうことの減少傾向(減少系列の少なさ)
が生じるのではないかという仮説がありうるわけだが。
結果として1)2)から,そういうことはいずれもない,ということが示されたということ。

 *

論文中であれこれ考察しているのだけれど,
そこに挙げられていない考察として端的に

「心的サイコロふり」という教示,課題説明だったから

ではないかと思うんだけど,これはどうだろう。
オブジェクトじゃんそれは。
となると,Aの前提に立っているかどうかが怪しくなる。
1~7をランダムに,としただけで結果は変わってくるかもしれない。

 *

RNGは面白いです。一度研究で使ってみたことがあるけれど。
簡単なのに奥深い(感じがする)。
このソフト(RGCalc)でランダムさの各種指標を求められます。

|

« 学外でWG | Accueil | 査読 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43434667

Voici les sites qui parlent de 081216[bx1]RNGと半側空間無視:

« 学外でWG | Accueil | 査読 »